特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サクマドロップの線香ってのがあるらしいんですが……どういうもんですかね。
スポンサーサイト
puffer_1.jpeg


スマホをu-mobileさんにして約一週間経過したところですが、最初のレポートをしたとしたいと思います。

まずは通信速度から。主に利用しているのが自宅と会社で、両方ともWi-Fi環境にあるため、今のところそれ以外の場所でどうかってのは正直よくわかりません。
外出先で何度か使ってみましたが、そのときはソフトバンクとたいして変わらないように思えました。今のところこれといった不満はありません。

次は通話について。これもまだあんまり使っていないのでなんともいえませんが、清水区内でちょっと使った限りでは普通に話せました。こちらもこれといった不満はありません。
最近通話料が半額になるとかいう、u-callというアプリをインストールしましたが、これも普通に使えて問題ナッシングです。

結論。まだあまり利用していないのでハッキリしたことはいえませんが、心配していた通信速度、通話機能ともに、私のようなローテク人間には全く問題なく使えそうです。
ただし東京とかの人口が超過密なエリアへ行ったとき、或いは逆に超田舎へ行った時のことはまだなんとも言えません。それは後日レポートしたいと思います。





と、ここで終わろうしましたが、ふたつほどふれておきたいことがあります。スマホ本体を新しいのに切り替えたことでちょっと面倒なことがありました。

①まず電話帳を自分で入力するのが面倒い。Googleを使って移動出来るらしいんですが、そもそもGoogleを全然使いこなせていない私には少々ハードルが高く、面倒ですが少しずつ手入力をしております。
ただ、あまり意味のないアドレス、電話番号も多いので、この際手入力をしながらそういうのを整理していこうかなと思ってます。

②もうひとつ。結構これが大事なんですけど、当たり前ですが、キャリアメールが使えないんですね。
この点については、Yahoo!のメールサービスを使えばいいし、Gメールもあるしと思ってたんですが、友人にYahoo!のメールを送ったのですが、みんな返ってきちゃうんですよね。なんで?Gメールも然り。
もしかしたら皆さん、キャリアメール以外の受信を拒否してるのかしら。これもSNSとかがあるんでなんとかなりそうですが、一応、友人諸氏に連絡です。



以前と同じ@yahoo.co.jp



でメールは受け取れます。何かありましたらこちらに御連絡お願いします。あとこれを機会に、あんまり使ってなかったLINEも使おうかと思ってます。どうぞよろしく!




すっかり忘れていたのですが、Facebookで元VOWWOWのドラマー『新美俊宏』氏に友達の申請をしていたら、なんと承認いただきました。新美さんありがとうございます。
ん十年前、武道館のステージに立っていた人と、ネット上とはいえお友達になってもらえるなんて、なんだか不思議な感じがします。




空手を始めてから約2ヵ月。みんなとやる型もだんだん上手になってきました。

v

rps20160324_065452.jpg

里緒2歳の頃
rps20130423_091723_1.jpg
 

 
 里緒が幼稚園に通い始めてしばらくたってからのことです。私が仕事から帰って来ると、里緒が駆け寄ってきて「パパこれあげる。」といってこの石をくれました。里緒の話では幼稚園で見つけた石とのこと。里緒からの最初のプレゼントです。
 これだけは何があっても捨てられず、通勤用のバックにいつもお守り代わりとして入れてます。
でもよく考えたら、八坂幼稚園ってお寺の経営している幼稚園で、お寺とお墓を囲むように幼稚園の建物があるわけです。てことはこの石は、もしかしてお墓の……なるべく考えないようにしてます。大事なプレゼントですから。
スクショ丸出しだけどまっいいか。
rps20160322_223213.jpg

rps20160322_223250.jpg



 前にも書きましたが、ついにスマホを変えることにしました。
大手キャリアから、所謂MVNOへのランクダウンなのですが、別にスマホにそれほど高度なものは求めていないので、安物スマホがどれだけのものなのか、特別不便なことがないならないで、或いはダメならダメでブログのネタになるなと思い、自ら人体実験を受けることにしたのです。

 実は最初、イオンのヤツにしようかと思ったのですが、どうやらあちらさんは申し込みがとんでもなく多いらしく、現在受付がパンク状態で、店員の言葉を要約すると「今申し込んでもいつ手続きが出来るかわからないし、手続きが出来てもすぐ使えるかわからない状態(3月中旬の話)。」で、「準備が出来たら連絡をするので、それまで待っていてもらう。」とのこと。
もたもたしていると糞フトバンクに解除手数料が発生してしまうし、第一イオンさんの都合でのいい日時で呼び出されても迷惑ですから、これはもうソッコーでやめることにしました。
 ことあとMVNOを何社か検討しましたが、どれも似たようなものみたいなので、U-mobileさんにすることにして、一昨日21日にネットで申し込みをした次第であります。

 とりあえず今の時点で「アンタなんか契約無理よ~ん。」と言われることはないと思うので、新しいスマホが来たら使い勝手についてレポートをしたいと思います。
ちなみにスマホ自体も新しくするんですが、初めての海外製スマホASUSさんにしました。
そのあたりについてもレポートをする予定です。どぞよろしく!!!
rps20160322_122309.jpg


小学校からの友人で、今はネット上の“友達”でもあるK氏が、こんな写真を送ってくれました。
静岡市葵区北安東にある中華料理店『頂好(てんほう)』さん。
写真をみる限り、私が北安東に住んでいたン十年前と店構えはいささかも変わりがないように思います。
つうか、消えかかった『頂好』の文字には風格すら感じる……のは私だけですかね。


 そう、今からン十年前のことになりますが、今はもう亡くなってしまった実母が、晩御飯を作るのが面倒だったときなど、「今日は頂好に出前を頼もうか?」などと言うことが稀にありました。
そんなとき、いつも私は味噌ラーメン、母はチャーハンを注文していたように記憶しています。



FB_IMG_1458617071639.jpg

FB_IMG_1458617063072.jpg





頂好さんはうちから歩いて五分とかからない場所にあるにも関わらず、そんなときは必ず電話で出前を頼み、ちょっとでも出前が遅くなろうものなら「まだぁ?」と催促の電話を入れたものです。ウソかほんとかは知りませんが、そんな時は毎回「もう店は出ました!」というお約束の返事が返ってきたものです。
家に着く頃にはラーメン(味噌)はちょっと伸びていて、上にかけたラップはスープを吸ってビチャビチャかつ、若干漏れていました。
でもお袋は私が食べている味噌ラーメンを見ながら「野菜がいっぱいでいいねぇ。」とか言ってました。


あれからもう二十年以上の歳月が過ぎ、お袋も既に他界してしまいましたが、頂好さんが代替わりしつつ今でも営業しているのは本当に嬉しいですね。しかも21世紀の今日でも未だに出前をやっているんだそうです。
出前……今このご時世では既に死語になっているこのシステムを、たぶん相当な苦労をしながらも続けているこのお店が、今後いつまでも続いていくことを願いながら、近いうちに絶対お店に行くぞぉと固く誓ったのですが、そんな時ふとあることに気がつきました。




いつも出前ばかりだったので直接お店に行ったことがなかったなと。



ビバ出前。
私も嫁も人様から変わっているとよく言われるのですが、残念ながら子供の里緒ちゃんにも既にそういう兆候がみられます。
具体的には……まずは食べ物のことからお話しますと、里緒ちゃんは焼き肉が好きです。ここまではいいのですが、普通このくらいの年代は、甘じょっぱいタレをつけて食べる、カルビだのロースだのが好きなんでしょうけど、里緒ちゃんが最初から最後まで食べ続けているのはいつもタン塩。それ以外の肉には目もくれません。
そうかと思えば、ある時里緒ちゃんと話をしていたんですが、「里緒あのお肉が好き。жмлф」
何のことを言っているのかサッパリわかりません。どうやら四文字の肉らしいのですが、四文字だとするとカルビやロース、レバー、ハツ、ミノ全て当てはまりません。タン塩ならタン塩っていうし、いったいなんだろうとしばし沈思黙考。「もしかして……砂肝?」「そう砂肝大好き。」お前は新橋のサラリーマンか!

また最近は私の影響でラーメンが好きになりました。
先日仕事が休みの日にコンビニへ行って、昼食用にカップラーメンでも買おうと思い品定めしていると、横にいた里緒ちゃんが「パパあれ買って!」と指差す方向をみると“金ちゃんヌードル”の文字が。
そう言えばこの間自分が食べているのを物欲しそうに見てたっけ。
結局里緒ちゃんは家へ帰ってからそれを完食しました。お前は昭和の貧乏学生か


あとお菓子なんかもチョコレートとかケーキとか、そういう普通の子供が大好きな甘いものより、しょっぱい系のスナックが大好きです。
だいぶ前にディズニーシーへ行ったんですが、帰りにちょっと小腹が空いたので、途中のセブンイレブンでお菓子を買って運転中に食べようと思ったんですね。
買ったのは油で揚げてあって、塩をまぶして捻ったヤツ、あれなんて言うんですかね。とにかくそれを食べようとすると里緒ちゃんが私も食べたいとひったくり、ついにそのお菓子は帰ってはきませんでした。お前はテレビ見ながらお茶飲んでるお婆ちゃんか!
そんな里緒ちゃんが今一番はまっているお菓子は“すっぱムーチョ”です。



食べ物以外にもいろいろあるんですが、長くなるので続きは次回にしとうございます。
rps20160318_122154.jpg



昨日は里緒の卒園式でした。こんな私ですが結構じわっとくるものがありましたね。なにしろ三才児クラスから四年間通いましたから。



♪あんな事こんな事あったでしょう♪






で、思い出したのは中3の卒業式のこと。

自分がいた席のそばで、しきりに涙を拭いていたお母さんがいたんですね、誰のお母さんかは知りませんが。
当時の私は、今より更に人の気持ちのわからない嫌なヤツでしたから、その光景を見て




「ケッ、何泣いてんだよ、アホか。」




とか思ってました。自分の方がよっぽどアホなくせして。

 でも今日の卒園式でビデオ撮影に専念しながらも、この四年間のあんなことやこんなことが頭を駆け巡り、ついついウルウルしてしまいました。だって反則ですよ、あんな涙を誘うような曲ばかり流すんですから。
まっ、それはともかく、割と最近までそういうことを毛嫌いしていた私も、立場が変わればメンタルまで変わってしまうんだなぁと、自分でもビックリしてしまった次第であります。




でも最後にひとつ言わせてもらいます。




皆がウルウルしているときに「ご家庭内でご不要になりました…」とか大音量で流しながら走っていた軽トラ。オメーはダメだ、許さん。
shonkawakami-5.jpg


経営コンサルタントを本業(自称)にテレビ番組のコメンテーターを務めていた自称ショーン・マクアードル川上氏(47)に学歴詐称疑惑が浮上し、本人が「誤りがあった」と認めた件について、続々と追加の嘘が見つかっている。

一体何が嘘で何が本当だったのか。netgeekでは錯綜する情報をまとめ、真実を分かりやすく8つにまとめる試みを行った。


1.テンプル大学卒→日本の高卒

2.ハーバード大学院(MBA)卒→オープン授業を3日受けただけ

3.パリ大学留学→オープンキャンパスに行っただけ

4.経営コンサルタント→実態のないペーパーカンパニー

※ただし、ショーンKは自身のHPにて経営コンサルタント事業は下請けという形でやっていたのでクライアントからの証言は得られないが本当に仕事はしていたと主張している。

5.米国人親から生まれたハーフ→純粋な日本人

6.ショーン・マクアドル川上→川上伸一郎


※昔、熊本で同級生だった人物は当時の川上氏のあだ名が「ホラッチョ川上」だったと語っている。ホラッチョというのはホラ吹きを意味する言葉だ。

7.世界7ヶ所にコンサル会社→実態なし。具体的に語れる実績もなし。渋谷にあるオフィスは月3万円のレンタルオフィスと判明

8.共同経営者にジョン・G。マクガバン氏→無関係な人物の写真を無断使用していた。





学歴詐称も相当ですが、私が気になったのは


昔、熊本で同級生だった人物は当時の川上氏のあだ名が「ホラッチョ川上」だったと語っている。というこの一節。
ホラッチョ宮崎っていう名前をん十年ぶりに思い出しましたよ。向こうでは普通に使っている言葉なんですね。





都合の悪い&反論できないリツイートはブロック!!!薄っぺらい議員様ですこと。



 極真空手の試合を生で初めて見ました。空手をやったことのない私には、ただただ恐ろしい光景としか言いようがありません。
0:18あたりで一番左で組み手をやっている人のハイキックが顔面に入り、相手はフラフラしています。
ヘタなプロの試合を見るよりゾクゾクとしました。
なぬ?
rps20160314_122420.jpg


 昨日13日の夜のこと。ある場所を地図で確認する必要があって、目的地(清水区)の地図をネットで見ておりました。そしたら隅っこにGoogleのストリートビューの画面が出てたのでそれをクリックしたところ、目的地あたりの景色が見られたんですね。
 ストリートビューっていうと、つい最近まで大都市の、しかも主だった繁華街とか、或いは大きな幹線沿いのところしか見られないと思ってたので、「ついに静岡市の、しかも清水区の、しかもしかもこんな細い路地まで来たのか。」感慨深いものがありました。
 で、ふと「もしかしたら私が以前住んでたところのも出るんじゃない?」って思ってやったところビンゴでした。
こんなところまで見られるんですね。表通りからかなり入った住宅街の、しかもそのまた細い路地だっていうのに。



rps20160314_122404.jpg



昔住んでた…というなら埼玉県に住んでときのアパートなんてどうかしらと思い、かなり曖昧になっている記憶を叩き起こし・捻り出したところ出てきました。埼玉県東松山市西元宿あたり。


rps20160314_122451.jpg



「嗚呼、もうあのアパートやってないんだ…」駐車場になってました。よく行ったセブンイレブンも無くなっていて更地だったし。
最寄り駅の高坂駅も大学のある西側は信じられないくらいたくさんのお店が出来ていて唖然としましたが、逆の方はビックリするくらい昔のまんま。


rps20160314_122519.jpg


rps20160314_122505.jpg



変わったことと言えば、当時木造の“駐在所”だった建物が、コンクリート建ての“交番”に変わっていたことくらいです。
その当時、この東口で人を待っていたところ、「ドドドド」って音がして、何が来るのかと見ていると、トラクターが来た時には「ダメだこりゃ…」と心底呆れたものでした。

じゃあ次はてんで、板橋のキャンパスの方を見たら、最寄り駅の東武練馬はあんまり変わってない感じでしたが、大学のキャンパスは昔の面影がほとんどありません。


rps20160314_122555.jpg


rps20160314_122543.jpg



あの当時からボロい校舎でしたから、そのこと自体は特段驚く話ではないのですが、スクールバス(幼稚園か!)が発着する大東会館のところは、大東会館自体が新しくなってたのと、当時なかった陸橋がかかってたりでビックリしゃっくり。



rps20160314_122611.jpg


なんだか楽しくなっちゃって、夜中にスマホ相手に格闘した結果、寝たのが夜中の1時。今日は5時30分に目覚ましが鳴ったので当然寝不足。いい年をして何をやってんだと思う半面、「今日は朝霞のあたりを見てみようか。」とちょっとだけ楽しみだったりします。

 サイパンへ旅行に行った時なんですが、コストコがありまして観光客特権でそのお店へインしました。
確かツレはリーバイスかなんかのジーンズを、私はお土産用のチョコレートを買いました。
そのコストコの冷蔵庫にはアイスクリームが売ってまして、なにしろああいうお店ですから、日本のカップに入った小さな物とは違い、ちょうど子供が砂遊びをするときに使うバケツ、その位の大きさがありました。
 
 で、今でも覚えているのですが、その蓋からはバケツに入りきらなかったアイスがはみ出ていて、しかもその色たるや、もうなんつうか物凄くキレイな発色のピンクだったんですね。自然界には有り得ない色というのか。身体に絶対いいわけない色っていうのか……
それはもう結構なカルチャーショックで、アメリカ人(サイパンですけど)ってああいうの食べてるんだなぁと深く私の脳裏に刻み込まれたものです。

で、この間ネットを何気に見ていたらこういう画像が出てきまして、瞬時にサイパンでのことを思い出しました。


1eee2afd.jpg

307140c5.jpg


まっ、向こうの食べ物の全部が全部こういうのってことでもないんでしょうけど、少なくとも日本ではこういう色使いの食べ物とか絶対に売らないし買わないでしょ。


あとボリュームも凄いです。風情のふの字もない盛り付けですけど。そりゃ肥るわと。


amesyokuji.jpg

puffer_2.jpeg

puffer.jpeg


とか言いつつ、このお兄さんの笑顔には何か癒されるものがあります。


2183a659.jpg




ああ何だか二郎系のラーメンが食べたくなってきました。



 割と最近知ったのですが、あの骨法の創始者堀辺正史氏が、昨年末に亡くなってたんですね。最近そっちの世界のことは全然うとくなってしまって、丸保田さんの日記を見るまでまるっきり知りませんでした。
私も若い頃、友人とペチペチと骨法の真似をしたものです。あれからもう30年近く経つんですね・・・・(遠い目)
だいぶ遅くなりましたが氏のごご冥福をお祈り申し上げます。



合掌・・・
rps20160306_184949.jpg




国道一号線のバイパスじゃない方を静岡駅から東の方に走って行くと、旧静岡市と旧清水市の市境に大●製●って工場があります。
この辺りは草●駅の再開発と相まって、今めまぐるしく変化をしているのですが、その大●製●のすぐ横にこんなお店があって、周りがどんどん新しくキレイになっていく中、異様な空気を醸し出しています。


昔からのお店によくあるビニール製の庇(ひさし)はビニールの部分が完全に無くなり、骨組みしか残っていません。
また、たぶん私が十代の頃からそのままと思われる外壁の色は酷くすんでいます。
まるで落ち武者のようなオーラ撒き散らしているこのお店、実はお菓子屋さんなんですね。

この間お店の前を車で通った時にこの写真を撮って、Facebookのとあるグループに投稿したところ、結構な反響があって投稿した本人の私もビックリしてしまいました。皆さん気になってたんですね。
で、何気にググってみたら、まだ営業しているようです。てか、ホームページをみる限り“絶賛頑張ってます”的な感じです。唖然……

住宅街にポツンとある今にも潰れそうなブティック。実はそういうお店って、例えば学校指定の体操着とか靴を販売していて、案外見た目より安定した経営をしてたりするのですが、このお店もそういうお店なのかもしれません。あくまでも私の想像ですが・・・
rps20160305_051447.jpg


ランチパックって私にはまったく縁のない食べ物なんで、今までこんなバージョンがあるんなんてまったく知りませんでした。
たぶん静岡では売ってないはずですから、今度東京方面へ行ったときに売ってたら食べてみようかと思います。
rps20160303_213442.jpg


 
 1月の中旬だったでしょうか。里緒がどこで覚えたのか、突然「空手をやりたい。」などというわけです。
嫁に話をしたら猛反対するのかと思いきや、「近くの道場を探して。」とかいうのでネットで調べました。
そしたら自宅から歩いて五分くらいのスポーツクラブに空手の教室があって、そこでは体験入門をやっているらしいのでとりあえず行ってみることにしたのです。

 約一時間半の体験を終えると、里緒ちゃんはちょっと戸惑っている感じでしたが、嫁はもうノリノリで「里緒カッコよかったよぉ。この教室に通おう!」となったのです。
それどころか「私もやろうかな。」と。もちろん「ママじゃあ200%無理!」とやめさせましたけど。


rps20160303_213414.jpg


 まぁやるのはいいんですけど、そうすると週7日のうち学研の教室、スイミング、空手で6日が埋まってしまいます。
6歳の子にあんまり習い事をたくさんやらせるのは、いろんな意味でよくないんじゃないかって思いまして、熟慮の上スイミングは辞めさせて、空手をやらせることにしました。
スイミングはもうクロールで50メートル、背泳ぎで25メートル泳げるので、とりあえずもういいかなってのと、そのスイミングスクールが通うのにちょっと遠かったからです。


 私がやっていた講道館柔道とは違い、空手にはいろんな流派があります。里緒が始めたのは極真です。そう、マス大山を開祖と崇め奉る極真空手です。
ですから稽古を見に行っても、防具を付けた上でですけど、結構皆さん本気でボッコボッコやっててビックリします。
私は里緒に強くなってもらいたいとか、大会で賞をもらって欲しいとかそういうのは別にありません。ああ見えても一応女の子ですし。でも空手を通して礼儀正しい人間になって欲しいなぁと思ってます。


それにしても……蛙の子は蛙なのかしら。いろいろある習い事の中からわざわざ格闘技を選ぶとは。
いったいいつまで続くのかわかりませんが、それはそれとして新しい楽しみがひとつできたかなぁとか思うちょります。


イオンなんかではもう五月飾りの兜が売ってたりするんですが・・・・・




こういうものにも流行り廃りがあるようで、今年の流行りといえばやはりこれでしょうか。



12kt-10sana-hoku.jpg




今どきの兜は我々が子供の頃のものよりずっとカッコいいですね。逆に言うと昔みたいな兜はまず見かけません。完全に廃れてしまったようです。



それはともかく、五月飾りの自由化はとどまるところを知らず、私の想像を超えた進化をしているようです。



ラオウの兜くらいはまだいい方で

hasha-catch-320x160.jpg


こんなのや
ningyou-3.jpg

こんなのもあるようです。
ningyou-2.jpg



しかしここにいたっては、もはやなんと言っていいやら・・・・言葉を失います。

51ti8WToh4L.jpg

51EETRGQT0L__SX355_.jpg


売れ行きが気になります。
















rps20160302_121615.jpg


今にして思えばって話なんですけど、私がこの会社に入ってからずっと、日本酒は長い冬の時代であったように思います。
一部の良質な地酒を除き、世間一般では日本酒=不味くてダサい的なイメージがあったことは否めません。
また、所謂焼酎ブーム、ワインブームなどの影響もあって、日本酒はシェアをジリジリと下げておりました。
居酒屋などで周りで飲んでいる人達の様子をチラ見していても、日本酒を飲んでいる人など10人のうち一人いるかどうかという状況でした。要するに業界全体にあんまり元気がなかったんですね。




が!



ここ数年で状況は大きく変わって来ました。


 あるデパートのお酒売り場で売り子のようなことをやっていた時のこと。
そこの店員の方から「佐●さん、今日一日売り場に立っていればわかると思いますけど、焼酎なんて買う人はまずいませんよ。日本酒はよく売れますけど。」と言われました。本当かなとその時は半信半疑でしたが、確かに一日売り場にいると日本酒の棚でじっくりと品定めをしていたり、こちらに質問をしてくるお客様はたくさんいましたが、焼酎を見ている人など一日いてもせいぜい一桁程度でした。
また同じ頃、正月明けにある酒屋さんと話をしていて「去年の年末は日本酒がよく売れたけど、焼酎は全然売れなかったね。」とも言われました。焼酎ブームとやらはどうやらは完全に終了したようです。


 話は変わりますが、一昔前に日本酒の会といえば、来場者のほとんどが40~50代と思われる男性で、あとはその方達に連れてきてもらったという体の御婦人がチラホラという状態でした。
でも最近は日本酒の会へ行くと30代と思われるお客様が増え、その方達が自分の好みのお酒を見つけようと一生懸命になっている姿をよくみかけます。
女性客も、ぱっと見3~4割はいるのですが、どうかするとゴスロリみたいな恰好をした、どうみても20代の女性がいたりして唖然とすることすらあります。
また会の規模も大きなものになると来場者が1000人を超えることもありますが、前はこんな会はまずありませんでした。


 で、だいぶマクラが長くなりましたが下の写真です。


rps20160302_032820.jpg

rps20160302_032806.jpg


上は最新号のHOT PEPPERの記事で、下はトコチャンネルの発行している冊子の表紙です。
今まで日本酒など取り上げてこなかったメディアが日本酒の良さを発信してくれるようになったんですね。
お陰様で世の中景気のいい話があんまり聞こえてきませんが、日本酒業界は長~~~~~い臥薪嘗胆の期間のあと、やっとこさ少しずつ追い風が吹き始めたというのか、……そうまだやっとこさ寒さが和らぎ始めたばかりで「儲かってウハウハ」なんて状況には程遠いのですが、この風を逃すことなく頑張っていきたいですね。


おしまい。
rps20160301_100826.jpg




あのNHKがこんな事をするようになったんですねぇ。ずいぶんとくだけたことをしたもんだと思う反面、くだけ過ぎてて理解するまで時間がかかりましたよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。