特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪
カレンダー



うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!


終わったぁぁぁぁぁ!!!!!


なんなんだ、この解放感は!!!


長いことを頭の上を覆っていた重たい雲が晴れたというのか、手枷足枷が外れたというのか、はたまた憑き物が落ちたというのか……


なんとか……とにもかくにもなんとか年内の仕事が終わりました。長かった、本当にしんどかった。それも今日で一旦はおしまい。
来年のことを考えると……考えないようにしよう、正月だし。


 年末に酒屋が忙しいのは、どこぞの県知事の頭髪が怪しいって、日本人なら皆が思っているのと同じくらい当たり前のことでございます。しかしながらこの会社に入ってはや14年と数ヶ月。15回目の年末でしたが、こんなに忙しい年末は初めてです。
もうマジで倒れるかと思いました。
 毎日遅くまで残業をして家に帰り、翌朝出勤して会社のファクスを見ると、昨日処理した以上の注文が入っていているという状態で、結果的にお客さんを長く待たせてしまうことになってしまい、その点は本当に申し訳ありませんでした。
この場を借りて深くお詫びを申し上げるとともに、そういう事情であったと若干の言い訳をさせていただく次第であります。


 さて、今日の午後から休みなワケですが、それならそれでやることはいっぱいあるわけで、果たして正月休みもゆっくりできるかどうか……。
ただ、このところ家族サービスもほとんど出来ていなかったので、嫁さんと里緒ちゃんを上手くヨイショしつつ、自分自身もリフレッシュできればいいなぁと思ってます。




つうことで皆さん、今年一年本当にありがとうございました。来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト


溥儀
 

 会社の女の子が某SNSにこんな写真を載せていました。それを見た瞬間、普段は脳みその奥深くにひっそりと仕舞われている、私の歴史マニアの触角がピキーンと激しく反応しました。
彼女の日記によると「ちなみに昭和10年4月15日、清水駅って裏に書いてあるw」とのこと。



あれっ、溥儀って静岡に来たことがあるの?



 早速ネットで調べたのですが、静岡に来たのかどうか、来たとしたら静岡で何をしたのか、ハッキリとした記述はないんですね。ただ、溥儀は戦前二回来日しており、昭和10年だとするとこの皿は初来日の時に作られたもののようです。
また、どこにあるのかわかりませんが、こんな漢詩(?)を残しているようで、そこには宿静岡と書いてあるので、清水駅で汽車をおり富士山の見えるホテルか旅館に宿泊したのでしょうか。


溥儀2



ちなみに詩の内容はおおよそ以下の通りです。


春の群雲が山並み見えていたが起き出でて窓を開け、その雲の晴れるのを願っていると一陣の風によって雲は吹き払われ素晴らしい眺めの富士山が迎えてくれるように望まれる。


上手い詩なのかどうか、そっちの知識がまったくないので何とも言えません。

それはともかく、いったいどこに泊まったんでしょう。今を遡ることン十年前、映画『ラストエンペラー』を見て以来、彼についての本を何冊か読んでいるはずなのですが、そこに静岡に来たなんてことが書いてあるはずもなく、この事実を会社の女の子の日記によって初めて知りました。いやぁ、私も結構いい年になりましたが、世の中まだまだ知らない意外な事実いっぱいあるんですね。人生日々勉強ですな。

で、このお皿なんですけど、要は女の子の親戚の人の遺品らしく、本当は凄く欲しくなってしまったのですが、流石にくれくれ言うのはちよっと失礼かなと思い、写真だけで楽しむことにしましたとさ。



おしまい。
テレビ

 普段はテレビとかあんまり見ないのですが、年末年始は極稀に「おっ!!!」っていうような番組が放送されるので、そういう番組をチェックするために、この時期だけは毎年『ザ・テレビジョン』を購入しております。
ところがそれを買おうと思い、たまたま入ったコンビニに売ってなかったので、仕方なく『テレビガイド』を買ったのですが・・・・
 今回の投稿は、本を読んで今から楽しみにしている番組のことを紹介しようかと思ってたのですが、ちょっとカチンときたことあったので、そのことについて書いてみようかと思います。


テレビ2


 買ったテレビガイドの表紙には嵐の皆さんが写っておりまして。私は男ですから特別に思うところもなく、「ザ・テレビジョンもテレビガイドもたいして変わらねえら。」くらいの感じで買ったんですね。ところがですね、いざ番組をチェックしようと思ったところ、最初の10ページくらいが嵐の特集なんですね。それは別にいいのですが、その紙質がですねぇ、初めの数枚は厚紙みたいなヤツで、それに嵐の皆さんがカッコよく写ってるわけです。そのあとも写真をたっぷりと使い、嵐のインタビューとか特集を組んでまして、その怒涛の嵐特集をなんとかパスして番組のところを見ようとすると、その厚紙がびよ~~~んってリバースしてくるんですよ。それが右手の甲に乗っかってもの凄く鬱陶しいんですわ。
仕方がないので厚紙の部分を折ってしまったのですが、番組欄をみる度に厚紙が半分くらいリバースしてくるので、とにかく見づらくて、ついにはそこを破って捨ててしまいましたよ。嵐ファンには申し訳ないんですけど。
その後もテレビの内容に直接的には関係のない、ジャニタレの記事がワンサカとあって、鬱陶しいのでそれも破って捨てたら、買ったテレビガイドの厚さがマジで半分になりました。


やぶっちゃった・・・
テレビ3


ねぇ、テレビガイドさん。こういうのやめてもらえませんかね。番組欄だけ見たい私的には厚紙の部分の写真とか、その後の嵐の特集とか、その他諸々のジャニタレの記事なんて1㎜も必要がないんですけど。400円で買った本ですが、テレビ欄だけだったら半額で売れるんじゃないですか?もうホントに無駄でしかないです、こんなの。
ジャニタレに頼った誌面作りも結構ですが、一応テレビの雑誌なんですから、そっちの内容をもっと濃くしていかないと。もう二度と買わないぞ・・・・・って、こんなことをグチグチ言う私ってヤッパリ疲れてるのかしら。


最後に言っときますが、別に今回の投稿は嵐さんとかジャニタレのことをディスるためのものではないことをご理解いただきたいなと。今回の号にはあまりにも無駄が多すぎて、多くの消費者が必要のないものを無理矢理買わされてるのではと一言文句を言いたかっただけなんです。嵐及びジャニーズファンの皆さんに怒られないよう予め断っておきますね。
てなわけで、今回の投稿はここまでにしとうございます。ごきげんよう、さよオナラ。
74式




 90式や10式もあるっていうのに、何故あえて74式なのでしょうか。とか言いつつ、丸みを帯びたこのフォルムは私も結構好きだったりします。『士魂』の文字がまた泣かせます。

中山


Facebook上のお話ですが、中山成彬氏に友達の承認をいただきました。
てなわけで、最近はブログよりFacebookにハマってる佐平次であります。
でもそれはそれとして,、ブログは今まで通り緩~~~くやりますよ。
金箔



金箔2



金箔3



イ●ンさんの一部のお店で販売をいたします。どぞよろしく!!!
誉富士

誉富士2


27BYの新酒を午前中詰めました。今日の夕方、グランシップで開かれるサイランさんの酒の会に持って行きます。




 クリスマスが近いからってわけじゃあないんですけど。何でも複雑に難しくすればいいということではありませんが、ちゃんとしたミュージシャンっていうのは、これぐらい一つ一つの音に気を配って音楽を作っているんですよね。
こういうのを見ると●●●48とか、ジ●ニ●ズの音楽なんて・・・。

ホントこの人、“音楽だけ”やってれば誰もが尊敬をするレジェンドになれるのに、トンチンカンな社会活動ばっかりやってるから、アホアホマンとか言われちゃうんですよね。完全に晩節を汚してるとも。
コロ



毎朝お見送りをしてくれます。見送ってくれるのはコイツだけです(涙)
焼肉

焼肉3

焼肉2

焼肉4

焼肉5



 灯台もと暗しっていうんでしょうか。“炭いち”さんが閉店して以来、「最近、心底美味いと思える焼肉を食べてないなぁ。」とか思ってたんですけど、案外近くにこんなに美味い焼肉屋さんがあるとは・・・。
1400円の焼肉定食を食べたのですが、なにしろ“定食”ですし値段が値段ですから、「どうせたいした肉を使ってないんだろうな。」などと考えていた私の予想はいい方向に裏切られました。
まさに美味さのK点越え、焼肉界のフェラーリテスタロッサ、肉汁決壊現象とでも表現すべきなのでしょうか。「久しぶりにいい肉を食べた!!!。」と大いに満足をした次第であります。里緒ちゃんもオプションの牛タンを美味しそうにパクパク食べてましたね。かなり喜んでたみたいです。
そんなわけで近いうちにまた行くと思います。なにしろ年末は体力が要りますからね。



詳しくはここをクリック