特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





私はこの場所から見える景色が本当に好きで、この景色を見ると、どうかすると意味もなく目に熱いものが浮かんだりします。
私の心の奥にある原風景とでもいうのでしょうか。
年々歳々マイナーチェンジを繰り返しつつ、それでもいたるところに昭和な雰囲気を残していて、それが普段私の中に眠る“昭和魂”を微妙に刺激するのです。
スポンサーサイト


北欧フィンランド生まれの人気キャラクター・ムーミン谷の仲間たちをモチーフとしたテーマパーク「Metsa(メッツア)」が、埼玉県飯能市に誕生することが30日、都内で行われた会見で発表された。作者であるトーベ・ヤンソンの故郷・フィンランド以外に「ムーミン」のテーマパークができるのは初めて。2017年の早い時期にオープン予定で、宮沢湖の湖畔や周辺の森林を活用し、ムーミン谷の世界観を再現する。

 東京ドーム約4個分となる宮沢湖の周辺土地約18万7000平方メートルを西武鉄道から6億円で購入して展開する。名称はフィンランド語で“森”という意味で、美術館、リゾート、公園、レジャー施設など、あらゆる要素が融合した今までにない施設を目指すという。

 パーク内は、憩いの公園としての機能を維持しつつ、自然を活用したアクティビティを用意する無料の「パブリックゾーン」と、有料の「ムーミンゾーン」に分けられる。「パブリックゾーン」には、自然を活かしたアクティビティや、結婚式もできる湖畔の見えるレストラン、数十の商店などをオープン予定。レストランでは、地産の食材を使用し素材の味を活かした北欧料理を。商店で販売するアイテムは、公式ページで募集するという。

 「ムーミンゾーン」には、シンボルとなるムーミン屋敷はもちろん、キャラクターと触れ合うことができる施設や落ち着いたミュージアムスペースなどを展開。アナログとデジタルを融合させながら、自然との共存をテーマに、森と湖の国といわれる北欧・フィンランドのムード溢れる施設を構築していく。なお、今後の進展については、随時公式ホームページで発表していく予定。

 同パークを開設するフィンテック グローバルの玉井信光代表取締役社長は、「森林と人とのより豊かな関係を築く、まさにムーミンにふさわしい土地。地方創世を目的に地域を巻き込みながら、展開していきたい」。フィンランド大使館のヤーッコ・レヘトヴィルタ公使参事官も、「飯能市には湖や森、すべて揃っている。(大使館は)正式なパートナーではありませんが、応援しています」と新たな施設の誕生に期待を寄せている。

 「ムーミン」シリーズは、1945年に原点となる小説『小さなトロールと大きな洪水』が出版されて以降、1970年の『ムーミン谷の十一月』まで、全9作の小説が発表され世界中で人気に。日本でも近年ムーミンブームが再到来し、カフェやショップなどが続々と誕生したほか、今年2月には映画も公開。子どもはもちろんのこと、子どもの頃にムーミン谷の世界に触れた大人女性たちからも注目を集めている。










まぁ値段相応でした。




私が欲しいのはこれじゃない!
つうか、女子仕様?



ってのがあるんですね。あのKORGで作ってるらしいです。
ウクレレは弾けないし、今更習おうとも思いませんが、これはカッコよくってちょっとだけ欲しくなりますね。

 

いったいいつ頃からラーメンって食べ物を好きになったのか、ハッキリと覚えてはいません。
気がつけば自分の食生活の中で、かなりの重要な位置を占めていて、インスタントからお店で食べるものまで、ずいぶんとたくさんのラーメンを食べて来ました。独身時代の休みの日などは最低一日一食は食べてましたから。
 その間、浮き世ではいろんなラーメンの流行りがあって、それに引きずられるカッコウで、ある時は家系であったり、またある時は背脂チャッチャだったり、はたまた味噌に凝ったりもしました。

 で、長い“マクラ”になりましたが、この間久しぶりに『一元』の本店へ行きましたが、名物の味噌ラーメンじゃなくって、普通のラーメンを食べました。超大盛の味噌ラーメンを食べ切るだけの自信がなかったからです。
 そしたら、これが思ってた以上に美味しかったんですね。見た目別にどうってことのない普通の醤油ラーメンなんですけど。

 よく時代が一周して…的な言葉を使うことがあるんですけど、私のラーメンの好みもアレコレ浮気した結果、結局原点に戻ってきたのかもしれません。
なにしろ一元さんは小学校の頃から家族で行ってましたからね。
で、ラーメンと炒飯を里緒ちゃんとシェアしたのですが、里緒ちゃんは普段炒飯は好きでよく食べますが、ラーメンはあまり食べないんですね。ところがここのラーメンは好きみたいで、お代わりを要求されてしまいました。


この分で行くと、一元は親子三代で通うお店になりそうです。まだ小さいこともあって、里緒ちゃんとはなかなか食べ物の趣味が合いませんが、この店だけは意見が合います。
なんかそういうのっていいなぁと思いますね。





さくらももこさんの本に載ってました。
さくらさんいつも本当にありがとうございます。



中学の先輩が結婚したとスポニチの一面に書いてありました。本当におめでとうございます。なにしろ部活のいっこ上の先輩ですからね、一言も話をしたことがありませんが……





里緒ちゃんの乳歯が初めて抜けました。もしかしたら……なんですが、里緒の一番最初に生えた歯かもしれません。
抜けた歯をマジマジ見ると、


 小せぇ~!!!




そんな言葉を思い出したニュースです。




イタリア・セリエAのパルマは22日、期限までに負債を返済できなかったため、破産を発表した。

 多額の負債を抱えていたパルマは、元プロ野球選手であるマイク・ピアッツァ氏が買収に乗り出していたものの、最終的に投資を見送ったことで、6月22日午後2時の締め切り時刻までオファーがないまま破産が決定した。

 なお、かつて元日本代表の中田英寿氏もプレーしたパルマは、来季はアマチュアリーグのセリエD(4部相当)から再スタートを切ることになる。


今日はお向かいさんとエネリア(静岡ガス)のショールームへ行って、父の日に合わせたクッキー作りをしてきました。
里緒も嫁さんも楽しんでいたようで、それがパパにとっては一番のプレゼントでした。



里緒ちゃんの下の前歯が、生え替わりでグラグラしています。
だいたい6歳くらいから生え替わりが始まるようですから、まぁ順調に成長してるってことですね。
そういえば、初めて歯が生えた時の動画が残ってるはずなので、後で見てみようと思います。



ちょっと早いのですが、里緒ちゃんが父の日のプレゼントをくれました。
あえて一言言わせてもらいます。


毛が五本しかないジャン!

俺もうちょっと多いぞ!
韓国で感染が拡大している中東呼吸器症候群(MERS(マーズ))コロナウイルスに強く結合する抗体を、京都府立大大学院の塚本康浩教授(動物衛生学)のグループが、ダチョウの卵を使って大量精製することに成功した。共同で研究を進めている米国陸軍感染症医学研究所で検証中だが、すでに韓国、米国に配布、スプレー剤として大量生産を開始した。抗体によって覆われたウイルスは人の細胞に侵入できなくなり、感染予防に大きな効果があるという。

 今回、塚本教授らは、カイコの細胞で作製したコロナウイルス(ベータ・コロナウイルス)の表面タンパクの一部を抗原としてダチョウに投与。体内で生成された抗体をダチョウが産んだ卵から取り出し精製した。

 コロナウイルスはこのタンパクによって人の細胞に取り付くが、塚本教授は「この抗体で、人の細胞に侵入しようとするウイルスをマスキング(覆う)することにより、感染を防ぐことが期待できる」と説明する。

 ダチョウは傷の治りが極めて早く、塚本教授はその免疫力に着目。抗体を作る能力も高いことを突き止め、平成20年に卵から大量の抗体を取り出す技術を開発した。

 同年に新型インフルエンザが流行した際に販売した抗体入りマスクが注目を浴び、昨年はエボラウイルスに結合するダチョウ抗体も作製。これに注目した米国のバイオベンチャー会社と同研究所が共同でMERS対策を進め、現在は精製した抗体の効果や副作用などを検証している。

 抗体はMERSの感染が拡大している韓国のほか、米国にも配布。治療薬として認可されていないため人体へ直接投与することはできないが、抗体を使ったスプレー剤はマスクやドアノブ、手などに噴射すれば感染予防になる。すでに大量生産しており、医療従事者や韓国と日本の空港への配布を考えているという。





実車を初めて見ました。かなりカッコいいです。




年一回の大仕事、梅酒の漬け込み作業をやりました。まだまだやることは山ほどありますが、季節は確実に夏に近づいてます。



何年か前に春風亭昇太師匠の旅番組(ローカル)でこのお店のことを取り上げてました。
今もやってるのかな……



まぁ要するにPBなんですけど……
たぶん、来週くらいから“あの有名な小売店さん”のお酒売り場に並ぶんじゃないかと。見かけたら是非お買い求め下さい。
涼風夏酒自体はもうそろそろ売り切れが近くなってきました。併せてご報告いたします。



姓名判断みたいなもんですが、あまりにも当たってなくって笑ってしまいます。



また今年も熟成粕を掘り出す季節になりました。
本当にしんどい作業です。





臥龍梅鳳雛(がりゅうばいほうすう)の季節限定の青ラベル。今日やっとこさ出荷しました。遅くなって本当に申し訳ございませんでした。

久しぶりに面白いサイトを見つけました。
普段あまり口を開かないキラーカーン氏が、当時のことを率直に語っているのがとても興味深いです。


http://www.yomiuri.co.jp/otona/special/prowres/20141024-OYT8T50077.html



お申し込みはお早めに。




昨日6月7日。自治会が主催する遠足に、ご近所の皆さんと参加したのですが、大好きなお向かいの○○きちゃんと一緒で里緒ちゃんは終始ご機嫌でした。






近々、甥っ子が修学旅行でオーストラリアへ行くらしいんですけど……
前々からこの旅行にウン十万かかるという話は聞いてましたが、この日程表を見て、正直唖然としました。
楽しみにしている甥っ子の前ではとても言えませんでしたが、なんか違うんじゃないかと。
「時代が違うんだよ。」と言われればそれまでですが……






エガちゃん来静!!!


先週のスイミングの試験で、里緒ちゃんは9級に合格しました。
9級に合格するには、ビート板とかそういう補助器具を使わずに、25メートルをクロールで、しかも足を着かずに泳がなければなりません。里緒ちゃんはそれが出来るんですね、まだ幼稚園児なのに。
同い年でもっと上のレベルでやってる子もいるようですが、うちの子はとにかく泳ぐのが大好きで、スイミングを心底楽しんでいるので、人の子と比べるよりそのことを重視したいと考えています。
そんなわけで、8級に合格すべく里緒は現在“背泳ぎ”の練習を頑張ってます。
小学校へ入る前にどこまで上達するか、それが私の楽しみのひとつです。
今日は仕事で葵区の北安東五丁目へ行って来まして。北安東五丁目ってのは、私が7歳から27歳まで住んでたところで、いい意味でも悪い意味でも私の人格はこの場所で形成されたワケです。
で、本当に久しぶりにこの地を訪れたのですが、うんと変わったところもあれば、ほとんど変わっていない場所があったりして面白かったですね。
そんなわけで、そこでパチパチ写真を撮ってきたので、今日はそれを貼り付けてみようかと思います。





北安東ハイツ、略して“ハイツ”。ハイツの横に当時あった広い空き地で、我々は野球をやったり、生○クンとジャンプ台を作ってチャリンコで空を飛んだり……我々にとって一番の遊び場でした。「今日ハイツに集合な!」が合い言葉だったのを思い出します。





三之宮神社です。静岡に住み始めたころ、神社の脇に小川が流れていて、そこに芹が群生していました。それを自宅に持って帰ると、母親がおひたしにして食卓に上がったのを覚えています。今はコンクリートで固められたどうってことない水路になってしまいましたが。





当時住んでた家。まだ残ってましたが、流石に古くなりましたねぇ。借家だったのですが、トイレが所謂“ボットン”だったのを覚えています。その当時ですら汲み取り式のトイレなんてまずなかったのに……
裏の田んぼは駐車場と住宅に変わってました。




正面から。あぁ、木がだいぶ大きくなったなぁ……わかりづらいとは思いますが、あのフェンスはたぶん親父が直したヤツじゃないかしら。





さの米店は建て直したんですね。




北安東五丁目かぁ。何もかもみな懐かしい……気分は“ヤマト”の沖田艦長です。
いつか時間を作って、この辺りをゆっくりと歩いてみたいものです。



今の時期、スーパーへ行くと梅酒用の青梅や、あと氷砂糖とかそれらを入れる容器なんかが売っています。そう、自家製の梅酒を作るためなんですね。
ところが、個人が自家製の梅酒を漬けることについても、酒税法という、一見何の関係もなさそうな法律が絡んでくることを知っている人はほとんどいません。つうか、いるわけがありません。
というわけで、今回はそのことについて書いてみようかと思います。


まず、梅酒を漬けるお酒なんですけど、これってアルコール度数20%以上のものでないといけないんです。知ってました?法律でそう決まってるんです。
なぜそんな法律が個人の梅酒に適用されるのかっていうと、アルコール度数が低い酒に梅を入れると、発酵が始まるケースがあるんですね。


発酵が始まる→アルコールが精製される→これすなわち醸造→醸造するためには免許が必要


という理屈みたいです。アルコール度数が高い酒ではまずそうならないので、20°以上ってのがあるんですね。
まぁ一般的にはホワイトリカーっていうか、昔で言うところの甲類焼酎を使う人が多いので、関係ないっちゃあないんですが、人によっては例えば日本酒とかみりんで漬ける人もいたりするワケです。
ところが一般的に売っている日本酒のアルコール度数ってだいたい15°くらいですし、みりんにいたってはもっと度数が低いんですね。従ってこれらの酒類で梅酒を漬けるというのは、法律上違反をしてるってことになります。
時々、梅酒を漬ける専門の日本酒ってのが売ってたりしますが、これらは度数が20°あります。うちでは売ってないので詳しくは知りませんが、中身はたぶん普通酒とか本醸造じゃないかと思われます。(テキトー)

また酒税法には造った梅酒を誰に飲ませていいのかということにまで言及しています。
国税局のホームページには『この規定は、消費者が自ら飲むための酒類についての規定であることから、この酒類を販売してはならないこととされています。』との記述があります。
またWikipediaにはこんなことが書いてあります。『酒場、料理店等酒類を専ら自己の営業場において飲用に供する業を営んでいる者(料理旅館も含まれる)が自己の営業場内において飲用に供することを目的として、飲用に供する営業場内において年間1キロリットル以内の酒を使って混ぜることも、申請すれば認められるようになった(租税特別措置法第87条の8)。店で梅酒を作る前日までに所轄の税務署長に対して「特例適用混和の開始申告書」を提出し、かつ、原料として使用する蒸留酒類の月ごとの数量を帳簿に付ける必要がある。』

つまり飲み屋さんなんかで造った梅酒を出す場合は申請してよと。


そうかといって、違反をしたからって国税局や税務署の人が自宅に調査に来て追徴課税云々って話は、少なくとも私は聞いたことがありません。彼らもそんなにヒマじゃないでしょうし。 
ですから結局何が言いたいかっていうと、豆知識として面白いでしょって話なんですね、ハイ。



長文失礼いたしました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。