特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪


舛添要一東京都知事が、11月27日に外国特派員協会で行われた会見に出席したところ、
自身の代表を務めていた政治団体2つの政治資金に関する質問に対して、
外国特派員協会で記者から質問を受けて、「時間の無駄だ、税務署へ行け」
(Waste of time! Go to the tax office.) と回答を拒絶、答えなかったことがわかった。

これは、参議院議員だった平成23年と24年だけで、自分が代表を務める政治資金管理団体と
政党支部から「調査研究費」の「資料代」と言う名目で画廊やアートギャラリー、高級な美術書専門の
古書店などから物品896万円を購入するなどしたり、自宅に作っている
「株式会社舛添政治経済研究所」へ平成22年から24年に家賃1516万円を支払わせて
自分にキャッシュバックし、合計で2412万円を支出する会計処理をした件の質問に対する返答。

記者の質問はもっぱら政治資金の使途についてのものだったが、「お宅の報道したその件に
ついては私はクリアーに答えている。私の所得は政治家としてのサラリーの他にも著書の執筆
などがある。全てお前が税務署で確認できるからわざわざ会見場で質問するべきではない」
と関係のないことを述べて質問を遮り、回答を打ち切った。

しかしながら、税務署に行っても政治資金に関連する資料は見ることは出来ない。
ましてや他人の税務申告に関する資料を見ることも出来ないので、
政治資金についての質問への回答としては成立していない。

また加えて言うと記者(筆者である)が質問しようとしていたのは
(1)美術品などは具体的に何を買ったのかをもっとちゃんと教えてくれ
(2)舛添政治経済研究所は経営実態のないペーパーカンパニーではないか
(3)2013年分の政治資金収支報告書(まだ公表されていない)はどうなっているのかという
風な点で、舛添氏がすでに答えている項目ではない(というかそもそも質問の内容自体、
記者が言いきる前に舛添氏が内心を読んで答えられる訳はない)。

スポンサーサイト


に八坂幼稚園が出るようです。たぶんうちの里緒ちゃんは映らないと思いますが、皆さん時間があったら是非見て下さい。
パンダ

パンダ2


なんででしょうか。今までなんとも思ってなかったのですが、瞬間最大風速的にこの車が欲しくなりました。
似合わないと言われそうですが、やっぱりアタシはラテンの車が好きみたいです。


注文したった!



寒いワン!



今さら…‥な感じがしますが、杉玉を替えました。


今朝ネットでみかけたコラムです。かなり長い文章ですが、しばしお付き合いいただければと思います。




「問われる、費用700億円 解散理由に賛否」 朝日新聞に出てくる見出しだ(→こちら)。

 本サイトにも、「#どうして解散するんですか?」Twitter上で政府・メディア関係者ほか100万人に届けられた疑問の声(追記あり)(→こちら)がある。もっとも、これは追記にあるとおり、子供の名を語った大人のやらせであることがわかっている。まったく卑劣な話だ。

 ネット上では、デマはあっという間に広がる。公共電波も同じだ。選挙ではそうしたデマで有権者の判断が歪められたら本当に怖い。そこで、冒頭にあげた記事を検証してみたい。
「ご説明」に籠絡された議員、マスコミ、有識者
 まず朝日の記事にあるこの記述。

 〈経済ジャーナリストの荻原博子さんは「解散は必要ない」と言い切る。消費増税法には、景気が想定以上に悪くなれば増税の先送りやとりやめができる「景気条項」があるからだ。「法律に基づいて増税を先送りすれば良いのに」〉

 荻原氏はもともと消費増税に反対なので、悪意はないと思うが、単に法律を知らないだけだろう。景気条項とは、消費増税附則18条である。そこには、

 「この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第二条及び第三条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前二項の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる」

 と書かれている。この「措置を講ずる」というのは、政府としては新たな法案を国会に提出することだ。それが実効性を持つためには、国会で成立しなければいけない。この条項は増税阻止のきっかけになっても、その決定打にはならない。このあたりは、マスコミにも誤解する人がきわめて多い。

 荻原氏を含め多くの人は、政府のトップの首相が決断すれば法律が成立すると思い込んでいるが、違う。郵政解散の時でも、小泉首相が出した郵政民営化法案は国会で否決された。今回も、消費増税ストップ法案は国会で否決されるどころか、提出もできなかったのは、誰でも知っている事実だ。というのは、財務省が増税すれば予算措置のアメを与えると国会議員の大半を籠絡していたからだ。

 そこで、安倍総理は、衆議院議員を全員クビにして、つまり解散して、総選挙で財務省ではなく国民から意見を聞いてこいといったわけだ。

衆院解散「大義なし」批判は財務省からのアメを失った増税派の遠吠えにすぎない!
現代ビジネス 2014/11/24 06:02 高橋 洋一
財務省のいうことをきかなかった安倍首相
 〈財務省出身で税制に詳しい森信茂樹・中央大法科大学院教授(税法)は「増税するなら解散すべきだが、先送りは解散の大義にならない」と話す。「増税を先送りするなら、社会保障も先延ばしするということも具体的に示して国民の判断を仰ぐべきだ」〉

 森信氏は、強硬な消費増税論者なので、せっかくうまく仕組んだ増税が吹っ飛ぶことをおそれているだけだ。

 そもそも、今回の消費増税の根拠になっている消費増税法は、民主党政権の選挙公約になかったのに、財務省が政権運営に不慣れな民主党幹部を籠絡して、同時に野党の自民党も抱き込んで、国会で成立させたものだ。財務省は、国民ではなく国民に選ばれた議員による間接民主主義の弱点を知悉している。国民すべてを騙すのは難しいが、少数の国会議員なら騙しやすいのだ。

 その時には、国会議員だけではなく、マスコミ、有識者、学者への「ご説明」を組織で行う。これらの人は単独で財務省の「ご説明」を受けると、ほとんど折伏される。筆者も大蔵官僚時代に、こうした「ご説明」要員であり、学者を担当していた。大蔵省幹部の国会議員やマスコミへの「ご説明」にも同行したことがある(かつて「ナベツネ」にもあった)。

 消費増税については、財務省の国会議員、マスコミへの「ご説明」が行き届いた状態であった。「ご説明」だけではない。国会議員は、増税後の予算のアメ、地方議員や地方の首長も増税後のアメ、経済界は増税後の減税、マスコミは増税後の軽減税率、エコノミストは親金融機関への財務省の便宜供与、学者・有識者はそれぞれ増税後のステータスなどで、増税支持を既に明確にしていた。

 増税をストップさせ、こうした利権にまみれた事態をひっくり返すには、もはや解散しかなかった。そうした中で、最後の「ちゃぶ台返し」をした安倍首相について、増税のアメを失った増税論者が批判しているのが「大義がない」という言い方だ。


「税はエリートが決めるべきだ」というホンネ
 安倍首相は、18日の解散の記者会見で「代表なくして課税なし」という言葉を引用している。これは、米国独立戦争の時の言葉であり、税を国民で決めようという言葉だ。偶然にも、18日の会見の当日の夕刊フジで、筆者はこの言葉を引用している(ネット掲載は翌日→こちら)。

 この言葉は財務官僚なら誰でも知っているが、本音ではこれを嫌っている。税は大衆に任せるとダメになるので、エリートだけ決めればいいと内心は思っている。その意味で、民主党政権の時、公約に載せずに消費増税をうまく仕組めたことがベストだと思っている。

 森信氏は「増税するなら解散すべき」と言うが、消費増税を国民の信を問うことなく成立させた民主党政権を批判したことがないのは、まったく整合性がない。

 安倍首相が、上げるのではなく下げるのにも国民の信を問うといったので、財務官僚はそれにショックを受けているだろう。「代表なくして課税なし」というのは、財務省に意見を聞くのではなく、国民に意見を聞くという意味だ。財務省の言うことを聞かなかった総理は、戦後ではまずいないだろう。それほど歴史的には珍しい出来度だ。
700億円は「民主主義のコスト」の範囲内

3月の増税後、成長はパタッと止まった
 最後に、選挙費用700億円に見合うかという問題であるが、マスコミが国民の意見を聞くチャンスを遮るのはおかしい。沖縄県知事選、集団的自衛権等の時には、いつも国民の声というではないか。そもそも、国民の声を代弁しているはずのマスコミが、選挙で直接国民の声を聞くと、財務省の言いなりで国民の声を代弁していないという事実が露見するのが困るかのようだ。

 間接民主主義では、民意を反映するために一定期間で選挙を行う必要がある。これまで衆院の平均任期は2年9ヶ月なので、2年で総選挙は民主主義のコストの範囲内である。

 しかも今回は、民主主義の基本の税が争点である。急に増税から方向転換した民主党や、自民党でも増税を主張していた議員の是非を問うことができる。急に手の平返しをした人は、選挙後に豹変するかもしれない。

 確実に起こった影響は、安倍首相が解散を言ってから、少なくとも増税派(予算をばらまきたい財務省、そのおこぼれをもらおうとする国会議員、地方議員、首長、経済界、マスコミ、有識者、学者など)から表立っての増税論はなくなったことだ。

 ただし、この増税派は反省してもらいたい。昨年夏から、増税しても景気は大丈夫というウソをつき、その結果、増税後に景気は悪くなった。それを、天候不順、なかには、エボラ熱、デング熱などが原因という「お笑い」までが官邸のホームページに出てきた(→こちら)。いかに?ポチ・エコノミスト?がデタラメかということが誰にもわかる。

 実際、増税前には2%以上の成長が増税後にパタッととまった(下図)。


筆者はしばしば「財政再建を無視している」というデタラメを言われるが、官僚として、小泉政権・第一次安倍政権で財政再建をほぼ実現できたという珍しい経歴がある。しかも、その時に大きな増税はしてない。

 本コラムその他でも何回も強調しているが、財政再建のためには経済成長であり、成長があれば後から財政再建はほぼついてくるのだ。下図は、経済成長の1年後に基礎的財政収支がほぼ決まるという事実を示している。これは、日本だけではなく、先進国でも当てはまる事実だ。

 間違った4月からの増税で景気を悪化させた。4月からの増税をやめていれば、2%程度の成長だっただろう。そこで、4月からの増税によって失われたGDPはだいたい15兆円程度(年換算)と推計できる(下図)。その場合、国と地方の逸失税収は3兆円(年換算)ほどだ。まさしく、安倍首相が繰り返していた「増税して景気がわるくなり、税収が減れば元も子もない」が起きたわけだ。

 また増税をすれば、今度は10兆円程度のGDPが失われるだろう。朝日新聞の言うように700億円をケチって、解散せずに10兆円を失うのはあまりに馬鹿げた話だ。どうも、マスコミにはこのあたりの算数は難しすぎて理解できないようだ。

 財務省よ、いい加減に「財政再建のために増税が必要」というウソはつかないほうがいい。「財政再建のためには、増税ではなく、増収が必要」が正しい。

















昨日は臥龍梅ファンクラブのM氏が主催する『月の聴V』という落語の会に行って参りました。去年バレエと落語のコラボでやったあれです。
今回は静岡市音羽町の呉服屋さんのお店に高座を作り、そんな徹頭徹尾和の空間で、月亭文都師匠の上方落語を楽しむという結構な御趣向であります。
木製の高座もこの日の為にM氏が作ったという、文字通りの手作りの会で、我が社は仲入りの時に、宣伝を兼ねて臥龍梅の“手作りの新酒”を皆さんに振る舞うという役割です。
つまり、私はプライベートではなく仕事としてこの会に参加したのです、ハイ。
あくまでも仕事です、ハイ。あ~辛いなぁ、仕事って辛いなぁ、あぁ辛い辛いっと(棒)。
文都師匠の落語は流石!の一言で、“このレベル”の落語をこんなに近くで、しかもロハで観られて、尚且つ『らくだ』の中では臥龍梅という“くすぐり”まで入れていただき、酒屋冥利に尽きるというのか何というのか…‥。
師匠も仰ってましたが、また次回もこのイベントに呼んでいただければいいなと。
あと友人のお母さんが偶然この会に来ていてビックリしたというか、やりにくかったというのか、世間というか静岡ってホントに狭いなというのか…(苦笑)。でも、とても楽しい会で、皆さんホッコリした笑顔をしていたのがとても印象的でした。ヤッパリ人生にはこういう時間と空間が大事だなと感じた、そんなひとときでもありました。
 Mさん、本当にありがとうございました。
文都師匠、それとお弟子さんの秀都さんもお疲れ様でした。





某小児科の待合室にありました。この本、小学校の図書館にあって読んだ記憶があります。まだ売ってるんですね。「すげーロングセラーだわ…」、と感心することしきりであります。

毎年恒例、『悪魔の白い酒』こと活性にごり酒が詰め終わりました。
来週からボチボチ出荷します。







一作だけなんですが、金田一耕助を演じた高倉健さんが亡くなられました。ご冥福をお祈り申し上げます。合掌…









携帯の迷惑メールのホルダーがいつの間にか62件とかになってまして。
「はぁ?」とか思って中身を見てみると……今時こんなアホ丸出しなメールを送りつけてくる、超胡散臭い&知能指数ゼロな詐欺会社があるというのに軽い感動すら覚えました。せっかくですので記念にこのブログにそのメールを晒すことにしました。
念のためネットで調べてみたところ、120%まごうかたなきインチキメールだったのですが、でも引っかかっちゃう人がいるんでしょうね。

今年の12月にフルモデルチェンジが予定されているスズキ アルトだが新型車の営業用資料がネットにアップロードされていた。そこにあった新型 アルトの外観はどこか60年代、70年代の雰囲気を醸し出す現代の流行りからかなりかけ離れているデザインだ。

燃費はライバルであるダイハツ ミラ イースの35.2km/hという燃費に近づくか、もしくは超えてくると考えられる。その他の情報では3月には標準モデルから軽量化とパワーアップを施したスポーツモデルの登場もするようだ。





あれっ、この顔ってどこかで見たような……









また今年もお向かいさんのご好意で、日本平のみかん畑でみかん狩りをしてきました。約一年ぶりのみかんです。



らしくないラーメンを食べました。



美味いのか不味いのかって言われると、「こういうのに対する物差しがないのでなんとも……」ってとこでしょうか。




コロ君の散歩の様子です。
名古屋




入賞いたしました。詳しくは以下のURLをクリックしてくらはい。

http://www.nta.go.jp/nagoya/shiraberu/sake/kampyo/63/index.htm





無事終了!



二郎にこんなトッピングがあるようです。その名も




アブラかたまり




流石にこれは無理!!!






売り切れで、しばらくの間ご迷惑をおかけしておりました“超辛口”なんですけど、やっとこさ26BYの新酒が出来上がりまして……今日の午前中、それを瓶詰めしました。皆さん、ジャンジャンバリバリご注文下さい。
さて、今後の予定を申し上げますと、今月の末に、これまた売り切れでご迷惑をおかけしていた“誉富士”の純米吟醸が搾りに入ります。12月の上旬には発売出来ると思いますので、今しばらくお待ち下さい。
あともうひとつ隠し玉があるんですけど、それについてはまた後日このブログでご紹介したいと思います。今はまだ内緒なんです、ハイ。







次世代の党は11日、来春の統一地方選向けの「地方共通政策」を発表した。
公務員・教職員による違法な政治活動の取り締まり強化や外国人参政権への反対を明記した。
また、生活保護の対象を日本人に限定し、パチンコ代などに使用されないよう現金給付から現物支給に変更する方針も打ち出した。




当たり前のことですね。生活保護は“最低限”でいいはずですから。
次世代の党かぁ……覚えておこうっと。



上手い……のか?



パルちゃんと記念撮影。パルちゃんクリスマス仕様です。若干ぶれ気味なのが惜しまれます。

今年から参加することになりました。
静岡県西部の蔵元ばかりで完全にアウェイですね。ちなみに社長が行きます。


http://www.iwata-gh.co.jp/archives/924

新車批評の先駆け的な存在として知られる自動車評論家で元レーサーの徳大寺有恒(とくだいじ・ありつね、本名杉江博愛=すぎえ・ひろよし)氏が今月上旬、死去していたことが8日、親族への取材で分かった。74歳。東京都出身。
 徳大寺氏はトヨタ自動車のレーシング・ドライバーを経て自動車評論家に転身した。自動車への深い愛情から辛口の批評で知られ、1976年に始めた著書「間違いだらけのクルマ選び」は人気シリーズに。「間違いだらけの…」は流行語にもなった。
 コストや販売台数を優先する自動車メーカーを一貫して批判し、魅力のある車づくりを訴え続けた。
honda_hovering_concept_car_-_image_001.jpg

honda_hovering_concept_car_-_image_002.jpg

honda_hovering_concept_car_-_image_010.jpg


French industrial and automotive designer Jonathan Mahieddine has created quite a stir on numerous popular tech-oriented websites with his Honda Fuzo, a futuristic design for a flying car.
フランスの産業で自動車デザイナー・ジョナサンMahieddineは、彼のホンダ・フウゾウ(飛んでいる車のための未来的な計画)と、多数の人気がある技術を指向するウェブサイトで、かなりの物議を引き起こしました。

The young, creative designer envisions the Fuzo as a lightweight and sturdy vehicle — thanks to extensive use of Kevlar, carbon fiber and carbon nanotubes — that would be capable of traveling through the air at a top speed of 350 mph, thanks to four powerful turbine engines. It would also be able to take off and land vertically, like Britain's famous Harrier jump jet and the U.S. military's own V-22 Osprey. What's more, upon landing, the Fuzo would extend its retractable wheels and tool around town like a normal automobile.
4台の強力なタービン・エンジンのおかげで、若い、創造的なデザイナーは、ケブラー、炭素繊維と350mphの最高の速度で空中を旅行することができるカーボンナノチューブ—を大きな使う自由のための軽量で丈夫な車両—として、フウゾウを心に描きます。それは、離陸して、垂直に着陸することができもして、英国の有名なHarrierジャンプ・ジェットと米軍の自身のV-22 Ospreyのようでもあります。着陸と同時にその上、フウゾウは通常の自動車のような町のまわりで、その格納式車輪とツールを広げます。

Other elements Mahieddine envisions for the Fuzo are a GPS system that not only guides the car to its predetermined destination but also communicates with other GPS-enabled vehicles for collision avoidance. Additionally, airbags would be placed both inside and outside of the vehicle to both minimize injury to its occupants and cushion the blow to pedestrians or non-GPS-equipped vehicles.
Mahieddineがフウゾウのために心に描く他の要素は、車をその予め定められた目的地へ導くだけでなく、衝突回避の他のGPS対応伝達手段とも通信するGPSシステムです。その上、エアバッグは、その居住者への危害を最小にして、歩行者または非GPSを装備した車両に対する打撃を保護するために、車両内部に、そして、それの外に置かれます。

Is this flying car a glimpse at what our future automobiles will be like? Mahieddine tells us that the Fuzo was a design he submitted to Honda last year when he applied for a position with the Japanese automobile manufacturer. Honda — or another car manufacturer — would be wise to hire this visionary; perhaps his bold thinking is just what the automotive industry needs to move toward a brighter future.
この飛んでいる車は、我々の将来の自動車がようであるものの一見ですか?Mahieddineは、フウゾウが彼が日本の自動車メーカーの職を申し込んだとき、彼が昨年ホンダに提出したデザインであったと我々に話します。ホンダ—またはもう一つの自動車メーカー—は、この空想家を雇うために賢いです;おそらく、彼の大胆な考えは、ちょうど自動車産業がより明るい将来頃に動かす必要があるものです。




こういうの嫌いじゃないです。つうか、ホンダにまだこういう面が残っているってのが嬉しいです。



え~話やぁ(T_T)



例年通り、純米吟醸(五百万石55%)も出しますが、今年は新機軸として五百万石45%の純米大吟醸も発売いたします。ただし、五百万石の45%は今回(今秋)だけの発売となります。
また、長い間ご愛顧賜りました『大吟醸45』は終売となりすので、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
ヌーボ



会社からいただきました。