特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪
ジャズ・ピアニストで作曲家の松岡直也(まつおか・なおや)さんが29日午前10時22分、亡くなった。公式サイトで発表された。76歳。神奈川県出身。通夜、葬儀・告別式は親族、ミュージシャン、業界関係者で執り行う。

 公式サイトによると、2001年に病気が見つかった。「本人にとっての日常生活はつらい日々だったと思いますが、ファンの方々やミュージシャンおよび関係スタッフ、家族に支えられながら大好きな音楽を続けてこれたことは、エネルギーをいっぱい頂き、充実した音楽ライフが過ごせたことでしょう」。今年3月末に体調が急変、入院したという。

 日本を代表するラテン・フュージョン音楽の第一人者。15歳の時「パン猪狩とマーキス・トリオ」のピアニストとしてプロデビュー。1979年「松岡直也 & Wesing」を結成。フュージョン・ブームを巻き起こした。

 日本テレビのドラマ「飛び出せ!青春」の主題歌になった青い三角定規「太陽がくれた季節」を編曲。いしだあゆみ(66)「小さな愛の歴史」の作曲者として古賀賞を受賞した。日本レコード大賞を受賞した中森明菜(48)「ミ・アモーレ」の作・編曲、テレビ朝日「ニュースステーション」の初代テーマ曲などで知られた




 高校の吹奏楽部の定期演奏会で『ミ・アモーレ』を演奏したのは、早いものでもうン10年前
今でもあの曲を聴くと高校時代のいろんなことが思い出されます。歌は世につれ世は歌につれ・・・




合掌




スポンサーサイト

小学館が28日に発売した週刊誌「ビッグコミックスピリッツ」5月12、19日合併号の人気漫画「美味(おい)しんぼ」(雁屋哲作・花咲アキラ画)で、東京電力福島第1原発を訪れた主人公らが鼻血を出す場面が描かれ、読者から問い合わせが相次いでいることが分かった。同誌編集部は「綿密な取材に基づき、作者の表現を尊重して掲載した」などとするコメントを発表した。



×作者の表現を尊重して

○作者の極左翼的偏見で大衆を洗脳すべく


まぁ今更この基地害漫画の屁理屈など誰も信じないとは思いますが……
もはや漫画などではなく、『○旗』とかカルト宗教の印刷物、或いは特定圧力団体が電柱に貼り付けてあるビラと変わりませんな。


個人的には“萌”とかそういのにまったく興味はありませんが、こんなイカレたク○漫画よりはずっと平和でいいなと思いますわ。





蔵人が16日に岩手に帰り、ここのところは残った酒の処理に追われておりました。
それがどうにかこうにか一段落した先週末、嬉しいニュースが岩手から届きました。
南部杜氏自醸造鑑表会の吟醸酒の部で、臥龍梅が入賞をしました。15位ですけど……
ことあと、GW明けには全国新酒鑑表会の発表もありますが、そちらが楽しみになってきました。



付録つきビジュアルマガジンでお馴染みのデアゴスティーニ・ジャパンから、
TVアニメ『北斗の拳』の放送開始30周年を記念し、毎号DVDが付属するビジュアルマガジン、隔週刊「北斗の拳 DVDコレクション」が発売される。

『北斗の拳』は、1983年から「週刊少年ジャンプ」で連載が開始され、翌年スタートした TVアニメによって全国の少年たちから絶大なる支持を獲得したハードボイルドアクション作品で、 今なお高い人気を誇る。
本シリーズは『北斗の拳』のTVアニメ(全152話)の他、劇場版、OVA、DDシリーズを数話ずつ
収録したDVDが毎号付属。そして『北斗の拳』の世界観が広がる様々な情報を、
豊富なビジュアルと詳細なデータで解説する公式マガジンシリーズ。

 マガジンでは、付属DVDの各エピソードの情報はもちろん、キャラクターや原作コミック各話の紹介から、グッズや作者・声優などのインタビュー、そして作画担当の原哲夫による 原作コミックの扉絵もフルカラーで掲載。
さらに、各エピソードで倒された雑魚キャラの“断末魔”、登場キャラクターの体格などのデータといった詳細な情報も公開。毎号集めて特製バインダーに綴じれば、
「『北斗の拳』データファイル」が完成する。

 なお、読者全員プレゼントも用意。第1弾は雑魚キャラピンズ2個+豪華メタル凶器フレーム
(創刊~第15号の購読)、第2弾は雑魚キャラピンズ5個(第16~45号)と、
ファンにはたまらないオリジナルグッズももらえる。

 隔週刊 「北斗の拳 DVDコレクション」は5月27日創刊(全58号予定)。全国書店及び、 公式サイトにて発売される。創刊号特別価格:799円、通常価格1841円/税込。
 もう4月だというのに、なんだか薄ら寒く憂鬱な気分になってしまう雨の日です。春先のこんな天気の時、必ず頭に浮かぶメロディーがあります。

 「この曲です!」とか言って紹介をしようと思い、YouTubeで検索したのですが音源が見つかりません。
曲名は『ル・デクラン』といって、中学生になる前の春休みくらいに買った、財津和夫氏のシングル『Wake Up』のB面(苦笑)に入ってた曲です。


財津



 半年後、私はテクノ少年に変わってしまうワケですが、この頃はまだ音楽的にはまだ“ノンケ”の時代でしたから、こういうヒット曲のシングルなんかを時々買っておりました。

他にはですね……


1.美しき狼たち(あしたのジョーのテーマ曲)

ジョー




2.ビューティフルエネルギー(甲斐バンド)

甲斐



3.順子(長渕剛)

長渕




4.………





どうしよう…




恥ずかしいなぁ…




この4が一番こっぱずかしくって言いづらいんです。




まいったな…




えぇ~っとぉ…











4.送る言葉(海援隊)……




海援





キャー言っちゃった。もう恥ずかしくて恥ずかしくて、思わず出家したくなるほどです。なんで“あんなの”を買ってしまったんでしょ。でもカミングアウトして少しはラクになったかも。いかん、ちょっと話が横道にそれ過ぎました。





閑話休題




 で、ですね。そういうシングルの裏には必ずB面(苦笑)ってのがありまして、今でいう、カップリングってヤツですけど、A面目当てで買ったのだけれど、結果的にはB面の方が記憶に残っているってのが結構あります。誤解のないように言っておきますが、“好き”ではなく、あくまでも“記憶に残っている”という意味ですから、念のため……
 さっき書いた『ル・デクラン』ってのは、まさにそういう曲で、こういう春先の、雨がしとしとそぼ降る、アンニュイ(爆笑)な昼下がりにはピッタリな曲です。でも音源がないので紹介出来ません。やんぬるかな。


 で、1の『美しき狼たち』のB面。曲名を忘れてましたが、調べたところ『ローリングファイター』であることが判明。A面は『明日のジョー』の主題歌、おぼたけし氏が「男なら~闘う~時~がぁくるぅ~」と、切々と歌うバラードであるのに対し、B面はミディアムロックのインスト。この曲がわりとカッコいいですよね。今聴くと、ドラムが結構重たいノリでその点もグッド。こういうのって、聴くよりやってる方が楽しいって感じで、なんでこの曲をB面にしたのかよくわかりません。


みじけぇ~



 あと、3の順子のB面、『涙のセレナーデ』もなんか思い出深いですね。それにしても、のちに「ロクなもんじゃねぇ~!」とダミ声(ハスキーボイスって言え)でシャウトする、長渕“きんにくん”剛からは想像出来ないくらい、とてつもなくしみったれたお涙頂戴系のこの曲。A面の順子同様、両面ともマイナー調の曲ってのがなかなか興味深いです。そんなの今の時代ではまず有り得ないですから。それにしてもこのシングルと海援隊の例のヤツ、なんで買ってしまったんだろう。


適当なものがありませんでした。



 でもB面の全てがいいかっていうと、当たり前ですがそんなことはあろうはずもなく、2と4のB面なんかはまったく記憶に残っていませんし、調べる気にもなりません。
 それでも自らに活を入れ気合いで調べたところ、2が『荒馬』、4が『踊り子』ってことなんですけど……「今更どうでもいいわ。」って感じです。


 最後に…これもカミングアウトしちゃいますけど、小学三年生くらいの時にですね、なぜだか家にピンクレディ-の『ペッパ-警部』がありましてね。

ピンク



はっきり言ってペッパ-警部自体はどうでもいいのですが、B面の『乾杯お嬢さん』ってのがなかなかいいんですよ、これが。
ピンクレディ-って、最初はフォーク系のデュオでデビューする予定だったって話を聞いたことがあります。この曲にはその名残りというのか、試行錯誤というのか、迷いというのか…そんなのが感じられてとても面白いです。








それにしても…ほとんどの人が忘れてしまっている、或いはスルーしてしまったン10年前のB面の曲を、未だ覚えていてブログを書いている私って、いったい何なんでしょう………




最近、酒の会で勘のいいマニアの方から





「今年は臥龍梅の会をやるんですか?」





と聞かれます。




告知するのを忘れてた……のではなく、ホントについ最近決まったのですが
!第五回臥龍梅を愉しむ会を開催します。


平成26年8月3日(日)
会場は第三回の時と同じ清澄庭園です。


まだ場所を確保しただけで、会費や開始時間等はこれから決めるので、とりあえずマニアのみなさんはスケジュールを空けといて下さい。
詳細が決まり次第、まずは応援団の皆さんから優先的に案内を送りますので、まだ応援団に入っていない方は取り急ぎ会員加入をしておいた方がいいと思います。



http://youtu.be/ej6yxZnyMjs

昨日初めて知ったのですが、




『ミス日本酒』




って人がいるらしいです。つうか、確実にいます。昨日『純米酒フェスティバル』で初めてお会いしました。
日本はもちろん、海外にも日本酒の良さをアピールするんだそうです。なるほど。





昨日、渋谷で開かれた『純米酒フェスティバル 2014春』の様子です。


『モーニング娘。』の握手会が下の会場で。
ついこの間発売を開始したばかりの、純米大吟醸愛山50なんですけど、一週間持たずに売り切れとなりました。
そもそもタンク一本しか仕込まなかったので、そう長くは持つまいと思ってましたが、まさかこんなに早く無くなるとは……ありがたいやら、申し訳ないやら、なんか複雑な心境であります。
そんなわけで、皆さん来年まで首を長~~~~~くしてお待ち下さい……と言いたいところですが、愛山の50は来年造るかどうか、今のところ未定なんですよね。ひょっとしたら今年が最後かも。まいったな……。




やっと今日から幼稚園が始まります(苦笑)。里緒ちゃんは年中さんになりました。
それを機会に、いろいろと新しいことをやらせてみようと思ってますが、果たしていくのかどうか…
愛山50-2

愛山50-3




今月はこれでいきます。“愛山”ですけど“開壜十里香”ではありません。




確かに日本のマスコミは台湾の騒動をあんまり伝えないよなぁ・・・三橋さん今回もとても勉強になりました。