特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪




暑いっちゅうねん!
スポンサーサイト



ちょっと早いんですけど、弊社の夏期休暇のご連絡をさせていただきます。カレンダーを見ると




8月10日(土)〜15日(木)までお休みだよ~~~ん!





となっております。ただ、この点について若干補足をされていただきます。




 10日からお休みということは、9日が休み前の最終出荷となるわけですが、運送会社もお休みになってしまうので、10日着ならギリギリセーフで間に合いますが、11日以降はトラックが動かないので荷物は届きません。最悪、運送会社の倉庫に止まったまんまということになります。
また休み明け16日(金)はまだ運送会社は休んでいるので、運送会社をす使っての出荷は17日(土) が最短となります。
従って、遠方のお客様におかれましては、休み前のご注文は6日か7日あたりまでにいただければ、とまぁそういうお話でございます。


ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解をいただきたくよろしくお願い申し上げます。







昨日27日、静岡のユーフォニアでカワイのピアノ発表会があって、里緒ちゃんは遂にピアノデビューを果たしたのであります。
会場内でダントツ一番といってもいい、超フリフリな可愛いドレスを着て、誰がどうみてもダントツ一番下手クソな演奏でデビューライブは無事終了。
いいんです、いつか「音楽って楽しいなぁ。」って時がくれば。そのスイッチが入る時まで辛抱強くやらせてみようと思っております。




まだやってる……。しかも驚くことに30年前と佇まいがほとんど変わっていない。
更に驚くことには、この店では20年くらい前のコンポが、当時の値段札のまま飾られているってこと。




柄とかをよく見ずに買ったTシャツなんですけど、あとから気がつきました『OBAMA2008』の文字に。あちゃ~、やっちまったぜぇい。
早くも寝間着になりましたとさ。
昨日は給料日だったんで、「たまにはいいもの食べよう!!!」ってことで、仕事が終わった後、わざわざ静岡まで行って外食をしてきたのであります。行ったのは『紅◯餃◯◯』さん。
なぜここなのかっていうと、先日テレビで見た『デラックスらーめん』なる化け物ジャンクフードを、嫁が是非食べてみたいとおっしゃるからなんです、ハイ。







↓これがそのデラックスらーめんとかいうゲテモノです。





私は“無難に”塩焼きそば↓をオーダーしました。






あと餃子も頼んでっと。







結論


デラックスらーめんは味までデラックスではなかった。
特にチャーシューがパサパサで、スーパーで売っているものと大差ない。
麺、スープはよく言えば無難な味。悪く言うとごく普通のどうってことない味。つまりパンチ感は限り無くゼロ。
よって嫁的には「金返せ!!」と。

塩焼きそばは美味かった。

餃子(大)はニンニクが入っていないので、ニンニクが苦手な私的にはグッド。

炒飯は美味しいが、脂っこ過ぎる。



以上。




また行きたいかと言われると、「……金があれば……。」ってな感じです。
他にも行きたい店はあるので、まずはそちらを優先したいなと。そんな感じでしたとさ。




帰れま10を見ながら一緒にお祈りをする嫁と里緒ちゃん。
aかん


民主党の海江田万里代表は23日、参院選東京選挙区で党公認候補ではなく、無所属候補を応援した菅直人元首相に対し、離党勧告する方針を固めた。24日に菅氏と会談して伝える。菅氏が拒否すれば、除籍(除名)処分も辞さない構えだ。

 民主党は公示直前、現職2人のうち大河原雅子氏の公認を取り消し、鈴木寛氏に一本化。菅氏は大河原氏を支援して事実上の分裂選挙になり、結果として両氏とも落選した。23日の党役員会では幹部から「また民主党がもめているとの印象を植え付けた」と菅氏への厳しい批判が相次いだ。

 一方、鳩山由紀夫元首相が6月、尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「中国側からみれば、盗んだと思われても仕方ない」と発言した問題で、海江田氏は鳩山氏を除籍する意向だ。鳩山氏はすでに5月末に離党しているが、離党前にさかのぼって処分を検討する。






こんな連中が半年前まで与党だったってんですから。アホかと。
あのマック赤坂氏が今回の参院選に出ているとは知りませんでした。




http://youtu.be/TFfUgC_Q7Vg




マック氏といえば都知事選芸人だという勝手な思い込みがあったからです。











が、しかし!





かつて新潟県知事選にまで立候補していたとは知りませんでした。







う~ん・・・





紙一重だわ・・・






たぶん・・・収録のスタジオはスタッフが笑いをこらえるのに必死なんじゃないかと。
めでたく半日耕作因のおばちゃんも落選したし、左巻きの連中はどいつもこいつも虫の息ですなぁ。



トミコ





ホント、この年代のオピニオンリーダーを自負するような連中は、日本にあだなすことしかしないので、早く全滅して欲しいです。

それにしても・・・↓このオジイさんも相当にイタイですね。












 可愛いっちゃあ可愛いし、癒されるっちゃあ癒される動画なんですけど、つい最近まで子供が変な病気にならないよう神経をピリピリさせていた立場からすると、






「衛生上こんなんでいいのかしら。」とか思います。





それとも私が、いや私を含めた日本人が神経質過ぎるのでしょうか?

プロレスラー・長州力(61)が、来年中の引退を決意して いることが15日、分かった。 関係者が明らかにした。頭で考えることと実際の動きに 差が広がり、 「長州力が表現できなくなった」と話しているという。 長州は98年1月4日・東京ドームでの 若手5人掛け(藤田和之、吉江豊、高岩竜一、獣神サン ダーライガー、飯塚高史)で1度引退。 00年7月30日・横浜アリーナでの大仁田厚戦で復帰し ており、あらためて“引退”という言葉を 使うつもりはないという。

現時点で区切りの試合や引退式を行う予定もない。 74年8月に新日本でデビューした長州は 来年40周年を迎えるため、記念イベントの計画もある というが、関係者は本人が応じるかは 不明とした。引退後はプロレス界から完全に離れる可能 性もあるという。12日の レジェンド大阪大会後は「来年くらいに退くかもしれな い」とコメントしていた。





本人に是非一言言わてもら
いたいです。





「その言葉


飲み込むなよ!」

政治ネタではありません。ですから紹介させてもらいます。



日本酒には「純米」「純米吟醸」「大吟醸」 といった種類、「特定名称」があるが、実はラ ベルに記載する義務はないという。特定名称を ラベルに書かなければ、精米歩合の記載も必要 ないのだが、この問題について、業界関係者の 間では意見が分かれる。

日本酒プロデューサーの中野繁さんは、消費 者には「知る権利」があると主張する一人。い わば“データ派”だ。

「やはり精米歩合の表示は、酒蔵に義務づける べきでしょう。日本酒は、スペック(仕様)で その正体がある程度わかる。つまり米の品種や 精米歩合、日本酒度、粕歩合などで、だいたい の原価を知ることができます。それをもとに消 費者は価格が妥当かどうかを判断することがで きる。客観的データを公開すべきでしょう」

酒造技術の研究と技術指導に50年以上携わる 堀江修二さんも、業界の将来を見据え、情報公 開を促す。

「精米歩合を、科学的に分析して証明すること は不可能に近い。だからこそ特定名称を蔵元に 申告させているのだから、精米歩合を示さない と消費者をごまかすことにならないか。契約農 家が作った山田錦の特上米のような高価な原料 を使う蔵元は、米の品種さえ書いている。良い 米を使い、きちっと造っている真面目な造り手 ならば21世紀も生き残るはず。消費者目線で考 えないと、日本酒全体のマイナスになります」

一方、そうした意見に反論もある。日本酒は 頭で飲むものではない、と言う“直感派”たち だ。東京・四谷にある嘉永3(1850)年創業の 地酒販売の老舗「鈴傳(すずでん)」の岩田和 士さんが言う。

「うちのお客さんは暖簾で信じて買ってくれる ので、銘柄選びは『おまかせで』がほとんど。 これが日本酒本来の楽しみ方で、業界はデータ にとらわれすぎている。いくら消費者が数字で 判断して買ったとしても、実際の味と違うこと はよくあるし、安いほうがおいしい場合だって ある。こちらが『おいしいから、とりあえず飲 んで』と差し出し、お客さんが『あ、うまい ね』と応じる。本当においしい酒に、言葉はい らないです」

『空飛ぶ〓酒(ききざけ)師』の著者できき酒 師の鵜飼仁美さんも、ある出来事をきっかけに データ重視だった考え方を改めた。

「3年ぐらい前、鳥取の山根酒造の『強力(ご うりき)』という酒を飲んだ際、強烈なコクと 味の幅を感じました。精米歩合80%(20%を 削る)と磨いていないのに。蔵元に聞くと、育 て方を工夫して酒造りにはあまり必要でない脂 肪分とたんばく質が少ない米を作っているから といい、精米歩合55%(45%を削る)ほどと 一緒になるという。頭をガツンと打たれた感じ で、日本酒は数字で測れないことを思い知りま した」

業界関係者に賛否が渦巻く日本酒の表示の仕 方だが、データ派と直感派に共通していたの は、「吟醸技術が発達した今、日本酒は史上一 番おいしくなっている」との見解だった。

※週刊朝日 2013年7月19日号






皆さんはどう思います?私的には……ですが、例えば大吟醸を謳っていても死ぬほど不味い酒もあれば、本醸造クラスでも「へぇ~、なかなかいいねコレ!」ってのもあります。車のインプレッションと同じで、スペックで全てがわかるってもんじゃあないってことです。だからこそ、いろんな試飲会があったり、そこに足繁く通うマニアの方がいらっしゃるわけで。まっ、そんな感じです、ハイ。






日本の次期主力戦闘機として導入予定のステルス 戦闘機「F-35」について、日本政府は、ヘリコプ ター搭載型護衛艦の上でも運用できる別のタイプ の機種を 艦載機として新たに導入することを検討している ことがわかった。 日本の次期主力戦闘機には、アメリカ空軍仕様の 「F-35A」を2016年度に、1機およそ100億円以上 で4機導入する予定だが、 これに加えて、空中で静止できる垂直離着陸型の 「F-35B」の導入を検討していることが、日米防衛 当局への取材で新たにわかった。

短い滑走路や甲板の上でも運用可能なF-35Bを、海 上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦に艦載機と して配備し、運用する狙いもあるという。 F-35Bの開発を指揮しているアメリカ国防総省によ ると、アメリカ軍は、2016年に部隊での本格運用 を始め、2017年夏には、 アメリカ本土外としては初めて、山口・岩国基地 に配備する計画で、日本政府は、2020年代半ば以 降の導入を目指し、検討している。

ソース FNN
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00249845.html



何をどう考えようと、人一倍頭が不自由な私が、耳から煙が出るほど脳みそをフル回転させて考えたとしても、『ひゅうが』『いせ』に載せるための計画としか思えません。
ひゅうが、いせで運用するためには甲板を相当に強化しなければならないとか、いや実はそんなに手間暇かけなくても出来るだとか、軍オタの間でも諸説あるようですが。
でも……ですね。私的には大事なのは名前、そう名前が大事なんです。この際、日本に導入するときにはF35Bなんて名前じゃなくて『晴嵐』にしたらどうでしょうね。それと護衛艦の名前ですが、『ひゅうが』『いせ』ときたら、次の25DDHの名前は……もう露骨に『鳳翔』なんて名乗っちゃうのか、或いは『最上』あたりでお茶を濁してしまうのか。
それにしても22DDHって、旧帝国海軍の正規空母(加賀)とほぼ同じ大きさってのは凄いですね。あの大和よりちょっと小さいだけですから。
こういうことがあると必ず極端な左向きの方々が「軍靴の音が……」と、上の方から洗脳(オルグ)されたまんま、アレルギーのように騒ぎ出すのですが、あの既知害の皆さんの耳には隣国から日増しに高まる軍靴の音は聞こえないようです。随分と都合のよい耳ですね。
とにかく、プチ軍オタの私としては嬉しいニュースではあります。

私の高校時代のクラスメートにK君という人がおりまして。格闘技・音楽・映画に底無しの知識を持ち、独自のシニカルな視点からそれらをブログで斬りまくっております。時にはあまりにマニアック過ぎて、全方位的に薄っぺらな知識しか持たない私などは、なんのこっちゃかと全然わからないよ~んなんてなこともしばしばあったりします。
さて、今日はそんなK君から許可をもらったので、氏が某所で書いた文章をご紹介したいと思いまふ。





昨日のスカパー無料日に歌謡ポップスchで放 送されたNHKレッツゴーヤングの1984年11 月4日の回が死ぬほど懐かしかったことに加 えて、一つ忘れていたことを思い出したので 、久しぶりに日記に書いてみることに。。。


司会は太川”Lui-Lui”陽介&石川”Ambush”ひとみ ゲストは伊藤つかさ、菊池桃子、倉沢淳美、嶋大輔、中 原めいこ、中森明菜、、、 そしてACTION!

そう、あのアクション!

アクション10万ボルトのアクション。 当時のジャパメタブームの中でもかなりビミョ~な立ち 位置だったアクション。 アクションキットというミニアルバム+ステッカーとか 下敷きとかのグッズが 同梱されてるビミョ~なLPを出していたアクション。 (いやまぁ買ったケド・・・) みんながラウドネスやVOWWOWのファンだったのに、 一人だけかたくななまでに アクションのファンであり続けた海◯君を思い出すアク ション。

そのアクションが出てる回。

いやぁもう懐かしい~~~~。 なにしろ、この時のアクションの出演場面だけお好みビ デオテープに録画してたからね。 まさかこの年になってまた見れるとゎ!

曲は勿論「電撃ショックナイト」。

当時からダサいって思ったけど、今見たらもっとダッサ ダサだよ! やっぱハードルたけぇなあ~、アクションは。 ◯野君ばりの感性じゃないとついていけないことを痛感 。

ただ、ざっと調べただけなのでホントにそうだったのか はヨーワカランものの、 レッツゴーヤングに出演したジャパメタバンドはアクシ ョンのコレっきりっぽい感じなので 派手な衣装&メイクに反して曲はハードポップ(or歌謡 メタル)だったアクションというか 高橋ヨシロウの戦略はあながち間違いでもなかったのか なと。

とはいえ、アクションのバンドサウンドは翌年の「ハー トレイザー」あたりから真っ当な ハード&ヘヴィ路線に転換していくので、じゃあ初期の ポップ路線は何だったのか、、、 というギモンも。。。

まぁでもアクションはあんまし売れてなかった割に結構 長いこと活動してたはずなのに 思い出すのはどうしたっても「アメリカンキッス」とか 「電撃」とか「10万ボルト」なので やっぱしポップ路線でよかったんや!ギターも山根モッ クでよかったんや!ってことで。

で、今回のレツヤンというか、サンデーズのメンバーの 一人、麻見和也を見て忘れてたことを 思い出した。

何年か前の日記で麻見和也についてチョロっと書いたよ うな気もするんだけど、 そのこと自体もさっきまで忘れていたので、改めて。

話は中学二年生。1981年。

クラスメートにバレー部の鈴木君ってのがいて、そのお 兄さんが麻見和也、本名:鈴木◯◯。 七間町の喫茶店セブンロード(だったかな)でバイトし てて、そこのマスターに勧められてか なんかで気が付いたら芸能人。 当初はアップルシティ 500とかいう静岡では放送されてい なかった番組に出てたらしいので本当にアイドルになっ たのかよ~と思ってたら、レツヤン。

その後はドラマ「青い瞳の聖ライフ」とか、映画「生徒 諸君」とか。 (あーそうか、「生徒諸君」のことを日記で取り上げた 時に麻見和也のことをチョロっと 触れてたことに今気付いた、、、6年前だもんな忘れて るはずだゎ)

で、その中二の時のクラスメートにもう一人バレー部が いて、名前は保坂尚樹。 麻見和也と同じくサンデーズの元メンバー。

いや何なのこのローカルピンポイントなサンデーズコネ クション。

麻見和也と保坂、どっちもサンデーズ出身だったことを 忘れていたというか、今になって 思い出したというか、今頃になって気が付いたというか 。。。

たぶん麻見和也の先例がなかったら保坂が芸能人になる こともなかったと思うので バレー部の鈴木君のお兄さんが保坂の人生を狂わせ、、 、じゃなくて、いっときでも 高岡早紀をヨメにするというクソうらやましい栄光の日 々に導いたということで・・・。

あと、ついでに10年くらい前にHPでチョロっと取り 上げた話の追記。

中二の頃、保坂と××(K君のこと)が下校途中に静岡市民文化会館の 前を通りかかったら偶然 THE CRAZY RIDER 横浜銀蝿ROLLING SPECIALのメンバ ーに出くわして、、、 後日「ぶっちぎり」とかいう彼らのドキュメント映画を 見た友人から「お前ら2人映画に 出てたづら!」っていう話、、、

こないだ確認したら出てねぇじゃん!

確かに静岡市民文化会館の周辺で女学生にキャーキャーいわれ てるシーンはあった。 でもほっさんも××ちゃんも出てねぇし。つまんね。嶋 大介の出馬断念くらいつまんね。 でも不思議なのはその友人は保坂と××がTHE CRAZY R IDER 横浜銀蝿ROLLING SPECIALに出くわしたことは知らないハズ。。。 奴は一体何を見たというのか。










今年も記念撮影をしました。またか...とお思いでしょうが、しばしお付き合いいただければ幸いです。

おかげさまで里緒ちゃんは、今日7月7日で満4歳になりました。
父親としては「もう4歳なのか。」という気持ちが半分、反対に「まだ4歳かぁ。」って気持ちが半分ってとこですかね。
そんな里緒ちゃんに「大きくなったら何になりたいの?」って聞くと、最近は「ドーナツ屋さんになりたい!」と答えてくれます。





清水は今日から七夕祭りです。嫁が無類の祭り好きなんで、仕事が終わってから無理矢理家族で行くはめになりました。



八神純子のコンサート(無料)ってのに惹かれます。

東静岡駅そばの丸源ラーメンで食べた『醤油とんこつ白』。
見た目よりはずっ~~とアッサリしていて、よく言えば食べやすい。悪く言うとパンチが効いていない。あと、麺がインスタントっぽくってそれが致命的だと思います。
ただ、子供向けのセットを頼むとおもちゃが貰えるし、帰りに綿あめを無料でやらしてもらえるあたり、ラーメンのファミレスと思えばこれはこれでいいのかもしれないとか思います。味を云々するタイプの店ではないのかと。
次に行く時はこのラーメンではなく、普通の肉そばの方を頼もうと思うちょります、ハイ。




追伸、丸源さんはチェーン店だし、今回のはラーメンランキングには入れないこととします。





年がバレるよってお話です。むか~しむかし、具体的に40年以上前のことです。カセットテープなんてのか普及する前のお話です。8トラって記憶媒体があったのをご存知でしょうか。カセットテープより大きくて、VHSのビデオデータよりは小さいくらいのヤツで、写真のような形をしておりました。
私も子供の頃はテレビの主題歌が入った8トラのテープを買ってもらい、車の中でよく聴いておりました。確かに初期のカラオケの機械も8トラ方式たったと聞いたことがあります。


ところで…


過日、用事があって親戚のうちに行った時のこと。そのうちに、たぶん軽く30年以上使っていないと思われる、古色蒼然たる8トラの機械を見つけ、目が釘付けになりました。




しかも…これレコーダーって書いてあるワケです。私は既に音の入っているものを買ってもらっていたが故に、8トラってレーザーディスク(これも相当に古い)みたいな再生専用の機械だと勝手に思い込んでいたんですけど、市販されている機械でも録音が出来たんですね。よく考えると当たり前のことですけど。ただしレコーダーなんて相当に高価だったものと思われ、親戚のうちにそれがいまだに置いてあるってのは、やはりその辺りに理由があるのではないかと勝手に推測しております。


音楽映像の記憶媒体といえば、今はDVDが主流で、Blu-rayがその後釜として華々しくデビューしましたが、実力はあるものの今一つパッとしないあたり、若手の頃の長州力のようです。
あと30~40年後、私が“棺桶に半分足を突っ込んだ爺さん”と呼ばれる頃には、この分野はいったいどうななっているんでしょうか。とか書いていながら、「実はそんなことどうでもいいわ。」と思っている自分たちがいます。