特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪
第三回臥龍梅を愉しむ会




告知をし忘れてました。『第三回臥龍梅を愉しむ会』なんですけど、お蔭様でチケットは完売しました。申込いただいたお客様ありがとうございました。そしてお断りをしたお客様、本当に申しわけございませんでした。遅くなりましたが、臥龍梅の会についてはそういう状況です。
スポンサーサイト
学生時代にvowwowってハードロックバンドをよく聴いてまして。どんなバンドだったのかっていうのをイチイチ説明するのは面倒なので、暇な方は以下のURLをクリックして確認して下さい。



http://ja.wikipedia.org/wiki/BOWWOW




まっ、簡単に言うと、80年の後半から90年代の後半にかけてイギリスでも活躍した日本のハードロックバンドってことなんですけど、今回は私の好きな10曲を紹介しようかと思いまふ。ただし、どれが一番二番ってつけるにはなかなか難しいので、好きな十曲ってことでやってみようと思います。
その前に…なんで今更このバンドのことを取り上げようと思ったかっていうと、ようつべでこんな音源をみつけたからなんですわ。





厚見玲衣氏のキーボードソロの音源なんですね。私、これを新宿厚生年金会館と中野サンブラザで生で見ました。時期的には五枚目のアルバム『バイブ』がリリースされたあと、世間一般的には昭和天皇の崩御直前、すなわち昭和(!)63年の秋のことで、サークルの後輩がその時のライブを泥棒録音しまして、そのテープが後日私のところに回ってきたわけです。それをダビングした御禁制のテープを密かに保存していたのですが、引っ越しを繰り返しているうちにどっかに行ってしまいましたっていうよくあるダメダメなパターン。とにかく、ホント久しぶりにこのソロを聴きました。まっ、打ち込みバリバリなんですけど、やっぱりそこかしこに“らしさ”散見されていいですね。つうか、音質がスゲーいいんですけど、どこでどうやって盗ったのこれ?最後の方に入ってる人見のMCが英語だから、イギリスでのライブのようですけど。

さて、ちょっと話が横道にそれましたが、私の独断と偏見、更にはオタク魄で選んだ10曲を紹介しようとかと思います。
で、予め言っておきますが、異論は一切受け付けませんので念のため。 あと、彼らのダサダサファッションについてもツッコミは不要です。そこは突っ込んではいけないところです。それではレッツラゴー!




Sleeping in a Dream House
人見先生のボーカルがとにかくカッコエエ。私、電気を消して膝を抱えて聴くような、こういう暗〜いバラードって好きです。



Mask of Flesh (Masquerade)
玲衣様のミニムーグのソロがカッコエエ。そのソロの後半でギターとのユニゾンでチャラララチャララってやるんですけど、そこに入る前のコード進行とか、なんか琴線にひっかかるものかあります。



Nightless City
言わずとしれた日本ハードロック史上における名曲。



Shot In The Dark
これも日本ハードロック史上に残る名曲 。



Hell Raisers Wanted
人見先生のぶっとくてブルージーなボーカルが素晴らしい。この曲を肴にバーバンのロックを軽く一杯は飲めそう。



Rock Your Cradle
玲衣様のキーボードソロが良い。またハードロックなのにギターソロがないってところも面白い。



Sign Of The Times
玲衣様の所謂、“お沈美”的な曲の典型。昔は正直あんまり好きじゃなかったのですが、この間聴いたら「なんだいい曲ジャン!」って。ちなみにこのバージョンよりⅢの方が全然いいと思ふ。



SHOCK WAVES
日本ハードロック史上に残るロックバラードの名曲。ドラムの新美君もライブではギターソロの後ろで珍しくハッスルしてます。エンディングの古くさい感じもスキ。



Stay Close Tonight
地味に名曲だと思うんですけど、なんか完全に忘れられてるような曲です。一時期この曲が一番好きだったんですよね。




Hurricane
まぁ、“入口”になった曲なんで。でもNightless City あたりに比べると、勢いはあるけどアレンジがちょっと粗いかなとも思います。



で、この文章を書いててふと思ったんですけど、私の場合、突き詰めて言うと、キーボードの玲衣様の作る、雨筆さん的な表現でいう“”お沈美的”曲を、人見氏がぶっ太い声で歌うっていう、冷静に考えれば超あり得ない組み合わせが好きだったんだなと。vowwowっていうと、山本恭司による山本恭司のためのバンドって認識が浮き世にはあるんでしょうけど、私的には玲衣様と人見氏がいればそれでいいんだと。バンドの核になるギターやベース、ドラムははっきり言ってどうでもよくって、厚見氏のオルガン・カキコキ&アルペジオと人見氏のシャウトがあればいいという、かなり屈折した楽しみ方をしていたのでした。自分がつくづくと変人なんだと痛感した今日この頃であります。



おまけ・・・


そういえば玲衣様っていつの間にかHPを開設してたんですね。


http://atumic-rooster.org/


こういうキーボードがてんこ盛りの写真って凄く好きです。


おしまい。

BEFORE
hoikuen.jpg






里緒ちゃんですけど、4月から近くの幼稚園に入園をしました。少しずつですが着実に成長している・・・・ように思います。





AFTER
youchien.jpg
例の『第3回臥龍梅を楽しむ会』の件ですが、お陰さまでチケットの残りが少なくなってきました。お申し込みご希望の方はお早めにご連絡下さい。