特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またかと思われるでしょうが・・・




 高校一年の時のクラスメートに大●クンってヤツがいました。色白で目がクリッとした、今思い出すとなかなかの好男子で、当時流行っていた『カジャグーグー(年がわかってしまうな)』のボーカル、リマールのような髪型をしていたのを覚えています。


Limahlthanksfortheadd.jpg



自分とは特別仲がいいというわけではありませんでしたが、かといって悪いというわけでくもなく、クラスメートとして普通に付き合っていたっていうような、そんな関係でした。その大●クンのことでひとつ覚えていることがあります。



 我々の通っていた当時の市立高校は、公立にしては結構校則の厳しい学校で、頭髪などはちょっと規則より長いだけで、生活指導の先生がハサミを持って教室に入ってきて、容赦なくみんなの見ている前でチョキチョキとやってしまう、そんなスパルタンな学校でした。

で、その大●クンが頭髪違反をしてしまったわけですが、生活指導の飯●先生が、例によって突然我々の教室にハサミを持ってズカズカ入ってきました。そして大●クンの髪を切ろうとしたところ、




「あのぅ、モミアゲのところは斜めに切ってくれませんか?」




とファンキーな注文をつけたのです。その時の飯●先生の怒りでプルプルと奮えた顔は未だに忘れません。大●クンはそんなとぼけたところのあるヤツでした。でも結局、彼とは卒業以来会うこともなく、ン十年という月日が経った、そんな昨日のことです。


 朝、朝食をとりながら新聞を読んでいました。いつもはそんなとこはめったに見ないのですが、虫が知らせるというのでしょうか、訃報欄に目がいったのです。
そこに『大●×△』という名前がありました。年は自分と一緒。「えっ、まさかアイツが・・・」と思いましたが、ン十年も会ってなかったので、苗字はともかく下の名前は完全に失念。大●って苗字は静岡ではあんまりないので、ひょっとしたらとは思いましたが「まさか、きっと別人だよな。」と思いそのまま仕事へ行き、その日は結構忙しかったので、そのことはすっかり忘れていたました。ところが夜になってねぇマスタークンから電話があって、ヤツのお通夜へ行ってきたとのこと。やっぱりアイツだったんだ。ねぇマスターの話だと、どうも突然死だったみたいです。



特別仲がよかったわけではありませんが、やはり同級生が亡くなるってのはショックですね。自分ではまだまだ若いつもりでも、人間五十年~~って言葉もあるわけで・・・これからは一日一日を悔いなく、充実したものにしていきたいですね。




最後になりましたが、大●クンのご冥福を心よりお祈り申し上げます。




献杯!
スポンサーサイト




 あの地震からもうじき三週間になります。臥龍梅の取り扱い小売店さんの中には、岩手や宮城のお店も何件かあって、地震の後連絡の取れたお客様もあれば、未だに連絡の取れないお客様もいらっしゃっいます。
実際こういう事態になりますと、仕事だとか商売だとかを抜きにした部分で、同じ日本人としてその方達のことがとても心配です。
 震災後のドタバタで、とてもインターネットなどやっている場合ではないのだろうとは思いますが、もし仮にこのブログを見ることがありましたら、恐れ入りますが弊社にご一報をいただければと存じます。


 さて、震災で被害にあった方達には本当に申し訳ないのですが、前回はネズミーが休園中云々ってことを書きました。そしたら今日ネットでこんなニュースが流れました。



http://www.asahi.com/national/update/0330/TKY201103290519.html




一瞬、おっ!っと思いましたが、一方、そのあとこんな文章が流れまして・・・




http://www.olc.co.jp/wpmu/wp-content/blogs.dir/2/files/2011/03/20110330_01.pdf




かと思えば、今日の夕方のスーパーニュースで、具体的な日は言わなかったものの、近いうちに再開って放送したみたいで・・・・いったいどうなってるんでしょうか。





まぁ、時系列から見て、スーパータイムの情報が今現在一番確かな情報ってことになるのでしょうか。でもなにしろ一日当たりの電気の使用量が東京ドームの10倍で、一般家庭50000軒分に相当するっていう話ですから、まだまだ各方面からいろんな意見が出てきそうな予感がします。




つうか・・・




 ほんの一年前まで、ネズミーのことなど一度もブログのネタにしてこなかった自分が、今こうやって再開がどうしたこうしたなんて、いちいち書いているという事実にちょっと驚いている今日この頃であります。
nezumi.jpg




そういえば、嫁さんの強~~~い希望で、4月にネヅミーランドに行く予定でした。あくまでも“でした”って過去形のお話です。ところが皆様ご承知の通りの事態で、現在ネズミーランドは休園中です。
しかし、もし仮に営業を始めたとしても、首都圏のあの電力事情を考えると、しばらくの間は全てのアトラクションを動かすのは不可能なんじゃないかと思われます、私の勝手な想像ですけど。ネズミーが自家発電してるなら話は別なんですけど、そんなことは聞いたことがありませんし。



詳しくは以下↓のサイトをご覧ください。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000000-jct-ent



 しかもこの状態は結構長引くかもしれません。なにしろ首都圏に電力を供給するための原発がああいうことになっちゃってるんですから。そうなると、もうじき開園30周年のネズミーにとっては、開園以来のピ~~ンチってことになるわけです。そうでなくても今現在も休園でかなりダメージを受けているんでしょうし。
ネズミーにとっては「東電赦し難し!!!」なわけで、賠償云々って問題にも発展するかもしれませんね。
 

 さて、話は変わりますが、電力不足といえば、これから夏に向けて東京は電力消費量が右肩上がりになるわけですが、今のまんまで大丈夫なんでしょうか。大丈夫なハズがありませんよね。
かといって急に発電所を作るわけにもいきません。他の電力会社から電気を回してもらうにしても限界があるんでしょうし、毎年季節の風物詩のように電力不足だ!節電だ!って東電に言われ続けている首都圏の皆さんにしてみれば、今年の夏は例年以上に深刻な事態になることが予想されます。今は原発事故の押さえ込みに必死で、あんまり大きくは取り上げられてはいませんけど。そうなると夏場はもうひたすらクールビズに徹し、扇風機と団扇でごまかすしかないってことになるやもしれません。
 私は人の1300倍汗っかきなので、とても他人ごとには思えません。考えただけでも恐ろしいです。暑くもないのに冷や汗がドッバっと出ます。いったいどうすんですか東電さん?

 
 話をもとに戻します。とにかく・・・あんまり活気のないネズミーに行くってのも、なんだかもったいないので、いつまでってのは決めてませんが、とりあえず当面は延期ってことになりそうです。それにそもそも、今はネズミーへ行って楽しもうって心境にもなりませんし・・・でもそういう縮こまりのスパイラルが一番マズイんですよね。
 どっかの偉いセンセーが言ってましたが、「震災の影響のないところが出来る限り普通に生活をする、そのことが経済の復興には一番いい。」と。確かにそうかもしれません。
つうことで、日本の経済活性化のためにも、あとしばらくやってない家族サービスの意味でも4月になったら家族でどころかに行ってみようかと思ってまふ。




追伸そういえば、ネズミーって4月の23日から値上げするってことでしたが、どうするんでしょう?




おまけ 「タケチャン バウ!!!」





そういえば二郎さん亡くなっちゃたね・・・・合掌。



 前に“最近注目している車”的な日記を書きました。今日の日記を読めば、なぜそんなことを書いたのかがわかると思います。んでまぁ、あらかじめ言っておきますが、今回の日記は相当に長〜〜〜いです。よろしくって?


 
 悩んでおります。思い迷うております。つっても仕事のことだとか、嫁さんや子供のことだとか、そういう見ている方の気持ちがドヨ〜ンと重くなるような深刻な話ではありません。第一、そんな重い話をブログでやるつもりもありません。(政治ネタ以外は)
 実は今秋、約三年住んだアパートを引き払い、実家に戻ることになりました。つうことは、我が家に車がもう一台必要になるってことです。当初、今乗っている車を通勤用に使い、嫁さんが近場を走るのに使う軽でも買うつもりでした。そしたら嫁さんが「どうせまたぶつけちゃうんだし、この車を使う。」と珍しく殊勝なことをおっしゃるのです。つうかぶつける気満々です。まぁ、今の車に慣れているので、それを変えたくないってのもあるんでしょう。うちの嫁さんってそういう人ですから。それはそれとして・・・ じゃあ通勤の車を買わなくちゃ、でも何を買ったらいいんだろうと悩んでいるってわけです。


 それにしても、車選びでこんなに悩むのは生まれて初めてです。というのも、今までは「アレが欲しい!!!」と買うものが非常〜に明確だったので、ただそれに一直線に向かっていけばよかったのですが、今回はまず“何を買うか”というところからスタートをしなければならず、選択肢が多過ぎて、選ぶのがかえって大変なのです。
 やはり自分が通勤に使うことを前提に、とにかく経済性を重視しなければなりません。なにしろ計算すると一年で約18000㌔走ることになります。ってことは五年で90000㌔、十年で180000㌔なわけで、燃費とか維持費はとっても大事です。あと耐久性も。
 また会社の帰りに配達に使う可能性もあるので、積載量もある程度なくてはマズイです。あと、基本的には乗るのは自分一人ですが、たまには家族や友人などを乗せることも考える必要があります。それと安全性も考えないと。で、それらを踏まえて、



新車がいいのか中古車がいいのか。


普通車がいいのか軽自動車がいいのか。


普通のエンジンを選ぶべきか、ハイブリッドか?或いはディーゼル(今時あるの?)はどうか。


セダンがいいのかハッチバックがいいのか、はたまたSUVか。



 で、結局、我が家にとって何を買うのがベストな選択なのか・・・・などと考えていると、ますます思考の無限地獄に堕ちて、何を買ったらいいのかわからなくなくてクルクルパーになってしまいそうです。おまけに、先日一八アニさんから「佐●君みたいな心ある人はミニバンとか買わないよね。」と痛いところをグサッと五寸釘で突かれてしまいまして。アニさん、ビンゴ!


今にして思えば、トゥインゴを売ったのは失敗でした。


rtsippai.jpg



よく考えたら、実家に置き場所はあるので、乗らないなら乗らないで、ナンバー外して持っていればよかったわけですから。もったいないことをしたなぁ ・・・と激しく後悔をしております。あの車は燃費もよかったし、小さい割には人も荷物もそこそこ積め、非常に便利な車でした。ホント、自分って計画性ないっていうか、アホですね。皆さん笑って下さい。ホラ、笑って笑って!ハハハハ(´〜`;) いかん、考えが全然前に進んでいないぞ。





う〜ん、どうしよう。





とか考えているうちに、今日も一日日が暮れてしまうのであります。





次回につづく

居間と寝室の段差(定位置)に腰かけテレビを見る里緒ちゃん。
110315_184459_ed.jpg





家に帰ると嫁さんが「お帰り」って声をかけてくれます。その声を聞いて里緒ちゃんが奥の部屋から満面の笑みを浮かべてトコトコとこちらへ歩いてきます。
なんでもない日常。でもそのなんでもないことが実は幸せというヤツで、とても尊いものだと最近つくづくと感じます。




♪何でもないようなことがぁ~♪



人一倍貧乏ですから(笑うトコ)、嫁さんや子供には贅沢な思いはさせてあげられませんが、せめて彼女達が安心してニコニコ笑って暮らせる世の中であって欲しいし、そうしなければならないと思っています。日本の将来を考える時、心底そう思います。



直近の里緒ちゃん。つうか、この動画を張り付けたいがために今日の日記を書いたんですけどね・・・







おしまい。
13007994180001.jpg





タレントの江頭2:50(45)が、自らトラックを運転して福島・いわき市に救援物資を届けていたことが22日、分かった。

 福島第1原発事故の影響で同市の一部が屋内退避指示地域に指定されていることから物資が届きにくい状況。見かねた江頭がトラックで20日ごろ物資を届けたという。所属事務所の大川興業は「個人的な活動でやっているので詳しくは分からない」としたが、茨城・東海村のJOC臨界事故や新潟県中越地震を取材した事務所の大川豊総裁(49)からアドバイスを聞き、現地に向かったという。

すでに帰京しているが、「本人はとても恥ずかしがり屋なのでコメントを出す予定はない」(事務所)という。







素晴らし過ぎる・・・・








これからは“太った江頭”という称号を誇りにしようと思いまふ。

たまにはお酒のことも書かなくちゃ・・・



karakuchi.jpg



 2月くらいから品切れをしておりました、隠れた人気商品『純米吟醸 超辛口』ですが、昨日休日出勤をして興津工場から本社にお酒を運び、今日の午前中壜詰めをし、早速午後から発送を始めました。本当にお待たせをしてすいませんでした。データー的には以下の通りです。




110322_141025.jpg



米が富山県産五百万石から 福井県産五百万石に変わっているのでご注意ください、
たぶん、4月中旬くらいまでは生酒を、それ以降は一度火入れの生貯に切り替わっていくものと思われますので、取り扱い小売店様におかれましては、その点何卒よろしくお願い申し上げます。
ramochan.jpg





元サッカー選手で、現在はビーチサッカー日本代表監督を務めるラモス瑠偉氏が、生活物資の買い占めや東京からの脱出を図る人たちに「もう一度冷静になれよ!」と喝を入れている。  



冒頭「なんだか無性に腹が立ってる」から始まる3月18日付けエントリーによると、ラモス氏はいろいろな方面から電話をもらう中に、「関西や九州や沖縄や 外国とか なんで逃げないの?」といった話があったそうで、これに「ふざけんな!って言いたい 東京は 普通に生活出来てるじゃん 逃げたくても逃げられないで じっとがまんしてる人々がどれだけいると思ってんの」と激怒。

さらに震災発生後、食料品や紙類などの買い占めをする東京の人たちに「パン1枚 おにぎり1個 カップヌードルでもなんでも贅沢しなけりゃ2、3日位過せるだけのたくわえなんて 東京の家だったら普通あるだろ なのに必要以上に買い占めに走り マーケットはとんでもない状態 ガソリンだって本当に必要なところにまわらなくなってる もっと冷静になれよ!!!」と、怒りが収まらない様子だ。

また、続々と母国へと帰国している外国人にも触れ、「帰りたい外人なんか さっさと帰れ!」とピシャリ。加えて「残った俺達日本人でもう一度立てなおそうよ! 生き残ってる俺達が犠牲になった人達の分まで頑張らなかったら 魂だって安らかに神様の所まで行かれなくなっちゃうよ」と力強く呼び掛けた。

そしてエントリーの最後はこう締めくくられている。「もう一度 冷静になれよ 東京の人間まで逃げてどうするんだよ!やたら物を買占めて どうなるんだよ!」「東京の人間はまだまだ恵まれてるんだぞ 自分の事だけ考えるのはいいかげんやめようぜ もう一度 今こそ 世界に日本のがんばりを見せつけたいぞ」。





詳しくはココをクリック↓
http://ameblo.jp/ramos-ruy/





いやはや本当におっしゃる通りです。私の言いたいことを全部言ってくれました。どっかの国の元首の言葉より重みがあると思います。
20110318130013b1a.jpg



minsyu.jpg




なにしろネタモトがネタモトなので、どの程度信用していいかってとこはあるのですが・・・





あと、前にも疑惑のダイブで一躍注目を集めたこの人と言えば・・・


minsyu3.jpg


ブログにこんなこと↓を書いていたみたいですね。文面を読めばわかりますが、この日記は地震の後に書かれたもののようで、こちらはどうも事実みたいですね。

minsyu2.jpg



別にアロマがダメってことではないのですが、ちょっとノンビリし過ぎなんじゃないかと。ちなみにブログが炎上したので、この記事は削除したみたいですが・・・






ったく、どいつもこいつも!




 大変に残念なお話をしなければなりません。先日告知をいたしました『第3回臥龍梅を愉しむ会』ですが、皆様ご承知の通り、先週末東北地方で大きな地震が起き、首都圏にもその影響が出ております。
 弊社はお蔭様で通常通り営業をしておりますが、諸事情を考慮し、誠に勝手ではありますが、会を延期とさせていただくことになりました。
 楽しみにしていたご愛飲家の方、本当に申し訳ございません。私どもも会に向けて準備をしておりましたし、年に一度皆様にお会いすることを社員一同楽しみしておりましたので、本当に残念でなりません。
 もう少し時間が経って、世の中が少し落ち着きを取り戻した頃・・・できれば秋口に改めて会を開催したいと考えておりますので、愛飲家の皆様、取り扱い小売店様におかれましては、その点につきまして何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。


あまり考えたくもないし、 言いたくもないことなのですが・・・・・



 別に好き好んで日本という国に生まれたわけではありません。この国に生まれ、今ここに住んでいるのは、ひとえに偶然の集積によるものです。そして生まれてから今まで良いことばかりでもありませんでしたが、かと言って特別悪いことばかりの人生でもありませんでした。とりあえず、日々の食料に困ることもなく、身の危険をさほど感じることもなく、そしてそのことを別にありがたいと思うこともなく、日々ノホホ〜ンと過ごしてきました。
 正直、若い頃は日本という国があまり好きではありませんでした。それは今にして思えば、若者特有の理由のない反抗心と、半日極詐の洗脳によるもので、年を取ってからは、「日本に生まれてよかったなぁ。自分は幸せ者だなぁ。」と感じるようになりました。しかし、このところのニュースを見るにつけ、ひょっとしたら、その大好きな日本も「もうダメなのかもしれない。」と思ってしまいます。



 目にする見ニュースには、被災地の地獄絵図の様な景色が映し出され、毎日数百人単位で死亡者の数が増え、それだけでも相当に気が滅入ります。それに加えて、福島では原発が危機的な状況を迎え、最悪の事態を回避するのに必死になっていることよくわかります。(既に最悪なのかもしれませんが・・・)恐らく戦後60年以上経ちますが、それ以降で一番酷い状況なのではないでしょうか。
 仮にこれ以上状況が悪化しなくても、復旧には相当な時間がかかりそうです。被災地の復興、原発の後始末、ライフラインの復旧等々・・・とても一年や二年ではすべては解決しないでしょう。





でも・・・




 日本は先の大戦で軍人・一般の市民合わせて約300万以上の人が亡くなり、広島と長崎に原爆を落とされ、日本主要都市は軒並み焼け野原になり、ありとあらゆるインフラ・生産設備を破壊され、その日の食料も不足する中で、爺さん婆さんの世代は必死になって働き、今日の日本を作ってくれました。
 また原発の事故のことは別として、有史以来、日本は何度も大きな自然災害や病気にも見舞われましたが、その都度それらを乗り越え、今日の日本があるわけです。それを思えば、被災すらしていない自分があんまり甘ったれたことは言ってはいけないと思うのです、ハイ。




 確かに今の状況は最悪です。しかし、日本人は困難になるほど団結し、ものすごいパワーを発揮する民族です。
いつの日かこの困難を乗り越え、再び世界に大きく羽ばたく、そんな日が必ず来る・・・・と信じています。






それにしても・・・・





最後に、東電に言っておきたいことがあります。







自分のケツくらい自分でふけ!!!!と。









携帯からの投稿です。



先程地震がありました。寝ていましたが、我が家に被害は特にありません。エアコンのカバーがポコって落ちましたけど。
ただ、実家の方は震度6強だったので、テレビが倒れたり、編み戸がハズレたり、瓦も少し落ちたみたいです。とりあえず無事らしいです。
会社の方は・・・明日行ってみないとわからないです。



とまぁ、そんな感じです。
 今日の午後、東北地方で大きな地震があり、広範囲で大きな被害がでていることは皆さんご承知の通りです。取り急ぎ私の身の回りの状況を報告いたします。
 
 仕事中の地震で本社の作業場も結構ゆれましたが、社員に怪我はなく、社屋や設備にも壊れたところはありません。あと製品への影響もゼロです。
 家族の方はといえば、私はもちろん、嫁も里緒ちゃんもまったくの無傷です。ただし、今住んでいるところは津波の避難勧告地域であり、いつ津波が来るのかと考えるとおちおち寝てもいられません。状況によっては徹夜をするかもしれません。
 一方、実家の方は停電で電気がまったく使えず辺りは真っ暗だとのことです。もちろん、エアコンも、ファンヒーターも使えず寒いので、7時くらいから布団に入っているとオヤジが言ってました。

 新宿に勤務している兄は、座間のマンションに帰る電車が止まっているので、そのまま会社で一晩過ごすというようなメールを送ってきました。そんな感じです。




それにしても・・・










 今日会社のテレビでこの映像を見ました。押し寄せる濁流、なすすべもなく押しつぶされる民家・農地。そしてそのすぐそばを走る道路には動いている車が・・・とてつもなく恐ろしい映像です。
 人間って本当にすごいショックを受けた時って無言になるんですね。「うわ!」っと言ったきり言葉がでませんでした。絶望的な状況ですが、一人でも多くの方が救われるよう心から祈るばかりです。


生まれてからン10年。これほどショッキングな映像は見たことがありません。おそらく一生忘れることはないでしょう。地震ってホントに恐ろしいですね。
shizupon.jpg





上のマスコットなんですけど、『しずポン』っていうらしいです。


なんでも、『城と戦国浪漫 Shizuoka 』ってサイトのマスコットキャラらしく、





駿府



駿府城



家康







という発想でこんなキャラになったようです。






個人的には、以前紹介した『家康くん』より若干いいかなってレベルだと思いますね。





“ゆるい”よいうより“まぬけ”というような気がしますが・・・
IP110302TAN000006001.jpg





皆さんはどう思いますか?
P1050314_m.jpg






ん・・・・・






いろいろ苦労して企画をした人には申し訳ないけど、これを食べるんだったら、普通の焼きそばUFOを食べるなぁ。







20年前、日本人がインテルのユニフォームを着て、(ほぼ)レギュラーとして活躍をし、おまけにサイドバックのくせに点を取るなんて、いったい誰が想像したでしょう。




本題に入る前に・・・

どなたかは知りませんが、最近、私のブログにある拍手ボタンをこまめにクリックして下さる方がいらっしゃいます。いつもありがとうございます。それをハゲみに、これからも適当〜に頑張ってブログを更新していく所存であります。





さて・・・





興津工場の近くに出来た持ち帰り&デリバリーのお寿司屋さんにこんな商品があるようです。





110305_190909_ed.jpg






別にお店の人に直接聞いたわけではありませんが、(たぶん)我社の商品を相当に意識した名前なんじゃないかと勝手に断定しております。。
 念のため言っておきますけど、別に同じ名前でも商品のジャンルがまったく別のもの、すなわち寿司と酒だったら、商標登録上は問題ありません。もうちょっと言いますと、同じ酒でも焼酎と日本酒、或いは梅酒など酒の種類が違えば、それらも無問題だってなことを、以前、さる御仁から伺ったことがあります。だから我社の昔の銘柄(今でも使ってますけど)で『鶯宿梅(おうしゅくばい)』って酒がありますが、他社が梅酒で同じ名前を使ってたりしていても、それはいいよってお話です。




まっ、でも同じ酒だとちょっと紛らわしいかもしれませんね。
110306_115946.jpg




最近会社の近くに出来たマックスバリュ清水八坂(しみずやさか)店さんですが、お店に一番近い蔵元ってことで、我社の製品をいっぱい並べていただいております。 ちなみにどうでもいいことですが、私ずっと



“マックスバリュー”かと思ってました。



でも本当は“マックスバリュ” で、“ー”はつかないんですね。




知りませんでした。恥ずかしゅうございます。




さて、そんな“ちょっといい話”はおいといて・・・場所はですね、



424-0026 静岡県静岡市清水八坂南町2-26


電話054-367-5082
です。



まっ、簡単にいいますと、“話題のスーパーもちづき”の前の新しい道を東高の方に行ったところです。







こんなポップも作ってくれました。ありがとうございます。
110306_115958_ed.jpg

110306_120012_ed.jpg





マックスバリュ清水八坂店さん・・・・




今後ともご贔屓に!




あと皆さん・・・






いっぱい買ってねん。







このCM、なんか妙に好きなんです。でしょ、御同輩?
00562.jpg




 先日、フォルクスワーゲン・ゴルフのGTIを半日ほど運転しました。ほとんど一般道をダラダラと走っていただけなので、GTIの実力の半分も使わなかったわけですが、乗り心地も思ってたほどガチガチではなく、中も広いしシートはしっかりしてるしで、とても使い易い車だなぁと感じました。あとメーターは280キロまできざんであるところなんざぁ、さすがアウトバーンの国の車だと思いましたね。




110223_084205_ed.jpg




 一応、自分の中では、ゴルフは上がりの車というか、終(つい)の車にしようと思ってます。
会社を定年退職したら、ゴルフを買って、それを大事に長く乗るつもりです。んで、70を過ぎたら免許は返納しようとも思ってます。年寄りが車を運転するのって基本的に危ないですから。
 ちなみに終の車といえば、以前一八アニさんとそんな話をしたことがありますが、一八アニさんの場合は『クラウン』と仰せになられました。なるへそ、そうきたかと思いましたね。 そういえば、やしまのマスターは、あの年(失礼!)でユーノスロードスターを転がしてるし、うちの親父も、バリバリの国産党のくせに「ミニもいいなぁ」とか言ってましたし・・・・皆さんそれぞれ個性があって面白いです。



 話は逸れますが、静岡県のどっかの蔵元の社長さん(だと思いますが)は『買うともれなくトラブルが付いてくる』と言われてるマセラッティに乗ってます。その意気やよし!です。思う存分オーバーヒートを楽しんでもらいたいものです。
 マセラッティといえば、お約束で電気系統が弱いようです。特にスペインかどっかのおばちゃんが、内職みたいに作ってる部品がよく壊れるらしく、部品を交換しても、それを作ってるのがそのおばちゃんしかいないので、結局また同じ人の作った同じ部品が来るんですって。で、またトラブルってしまうと。
 それ以外にも内装の皮張りがペロンって剥がれたとか、真夏の246で何台もオーバーヒートでエンストしてたとか、日本の車からすると信じられないような、微笑ましくハートウォーミングなエピソードがいっぱいの、“古きよきイタ車の伝統”を持つメーカーらしいですね。好きです、そういうおおらかな会社。



だいぶ話が脱線しましたが、皆さんの終の車はいったいなんですか? 今度飲んだ時にでも教えてください。
tanoshimukai.jpg






 この間、「今年も臥龍梅の会をやります!」的なことを書きましたが、チケットとチラシが出来上がったので、いよいよ3月中には受付開始ということになりそうです。
チケットは、去年、一昨年ともに4月中にはあらかた売り切れてしまいましたので、参加ご希望のお客様におかれましては、お早めに臥龍梅取り扱い小売店様か、或いは直接弊社へご連絡をしていただきたいと存じます。何卒よろしくお願い申しあげます。

















IP110302TAN000006001.jpg






家康くん。






浜松市制100周年の“ゆるキャラ”マスコットらしいです。




詳しくはこちら↓をご覧ください。
http://www.shizushin.com/news/local/west/20110302000000000063.htm







なんつうかまぁ・・・・って感じですね。
110302_132054_ed.jpg





 先週、ヨーロッパで弊社のお酒を売っていただいている商社の方が6名ほどみえて、いろいろとお話をする機会がありました。なんでもヨーロッパ(凄い大雑把ですいません)では、日本食の定着とともに日本酒の売れ行きが二桁の伸びを見せているようです。そしてそのような状況の中、今までは大手メーカーの酒(溜息)中心の展開だったのが、地酒も売れるようになってきているという、まるで我社の明るい未来を暗示するかのようなありがたい話をしていただきました。

 さて、その時にイギリス在住の方が、現地のフリーペーパーを置いていかれたのですが、その中に向こうの日本食のお店の広告がありまして、そちらが臥龍梅の宣伝をして下さってます。




110302_132024_ed.jpg





ちなみに、我社は載せてくれと依頼もしておりませんし、もちろん広告費も一切払ってません。完全に先方のご好意によるものです。本当にありがたいことです。



 そのお礼というには甚だ微力ではありますが、拙ブログでそのお店のご紹介をせていただきます。


ともえさん。残念ながらHPには臥龍梅のことは書いてありませんでした
http://www.tomoe-london.co.uk/


皆さんの中で、もしロンドンに行く機会がある方がいらしたら是非ご利用いただければと思います。



それにしても、我社のお酒が遠く離れた、ほぼ日本の裏側と言ってもいい大英帝国の地で飲まれているのだ思うと、何かとても不思議な感じがしますね。
kosyou.jpg





またですか?そんな心持ちであります。



 先週の金曜日のことです。某所で道路から駐車場に車を入れようとしたところ、突然ハンドルが重くなりました。縁石に乗り上げたのか、はたまた何か巻き込んだのかと思い、車を止めて前輪を覗いて見てみたところ、特別おかしなところは見当たりません。
 しかしその後も車を運転しましたが、ハンドルはどんどん重くなる一方です。今までいろいろな車を運転しましたが、こんなことは初めてで、日頃、パワステに慣れたヤワな体に、重ステの操作は殊の外堪えます。つうか、嫁さんじゃあ120%運転できません。修理しなければならないとは思いつつも、「こんなことってあるのかなぁ。」と思い、ネットで調べたところ、頻繁に起こるトラブルではないものの、機械の故障でまま起こりうる事態のようです。


 とにかく、いつものお店に重たいハンドルと格闘しながら車を持ち込み、修理を依頼しました。
そんで昨日、その業者から電話がかかってきたのですが・・・。
担当者さんが申し訳なさそうに、「オイル漏れが原因です。そことギヤボックスの方も直さないと・・・で、今見積が出てるんですが・・・・・




10万円くらいかかります。」





・・・・・・








(:_;)







今私の頭の中を、嘉門達夫師匠の往年の名曲『鼻から牛乳』のあのフレーズと、











杏里姉さんの『悲しみが止まらない』のあのリフが交互に鳴り響いております。









それ以来、気分は今日の曇天の如く鉛のように重く、暗い雲がどよ~んと頭の中に広がっています。さながら記者会見前の海老蔵の心境です。(たぶん)




エアコンの件といい、パワステの件といい、安物買いの銭失いってことなんでしょうか。でも保証期間が切れてから連チャンですからね。ひょとして確信犯?







頼むよ、ネッ●トヨタ●浜さん








嗚呼、マジで宝くじでも当たらないかなぁ。そう考える今日この頃であります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。