特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪
100224_160706.jpg


なにやら大仰なタイトルをつけてしまいましたが・・・・



 大変長らくお待たせいたしましたが、本日、活性にごり酒の第二弾を出荷させていただきました。前回のヤツは備前雄町を使った純米吟醸酒がベースでしたが、今回は兵庫県産の山田錦を使った純米吟醸で作ってまふ。
データー的には、雄町も山田もあまり変わりはありません。ただ、利き酒をした私の個人的な感想を言わせてもらうと、雄町が辛口な感じ、山田は雄町に比べてよりまろやかだなぁって思います。

 さて、活性にごり酒は大変美味しいし、面白いお酒ではあるのですが、一方で雑に扱うと大変に危険な酒です。(詳しくは以前に書いた文章をお読み下さい。)


http://obugyousama1967.blog62.fc2.com/blog-entry-783.html


そんなわけで、メーカーとしてはトラブルが起こらないよう表示にはかなり気を使ってます。
もう注意事項の全開バリバリで、これでもかってくらいアッチコッチに注意書きを張り付くけてあって、先日覗いた某小売店様のブログに、『かなり警戒しています。』と書いてあったほどです。





ハイ、警戒しまくりであります。



100224_160744.jpg

100224_160824.jpg





ところでこの活性酒ですが、商品の特殊性を考慮し、暖かくなったら製造・販売はしないつもりです。よって、商品をご希望の小売店様におかれましては、なるべくお早めにお申し込みいただければと思いますです、ハイ。




そうそう、最後に・・・山●様。今回の発送先の中には、●一さんや三●さんが含まれていますので、もしよろしければお買い求め下さいませませ。ただし、その分の出荷は明日になりますので、お店に届くのは土曜日になるものと思われます。あと、うちがそういう情報を流したということは、念のためふせていただくとありがたいです。あまり消費者の方にペラペラと話すことではありませんし、先方様にもいろんな思惑があると思いますので・・・「そういうのが発売されたみたいだけど、売ってますか(仕入れましたか)?」みたいな感じで聞いていただけばと思います。その点何卒よろしくお願い申し上げます。







スポンサーサイト
800px-MtFuji_FujiCity-2.jpg




もうすぐ日付が変わろうとしているのだが・・・


 何でも今日2月23日は、語呂合わせで『富士山の日』なんだそうな。 そういう日を作ること自体には別に文句はない。でも、今日見たニュースによると、川勝知事はこの日を




「学校が休みなるようにする。」らしいと知り、





「アホか!!!」と思った。





そうでなくとも、『ゆとり教育』だぁ『学力低下』だぁって言われてんのに、この上まだ休みを作ろうっていうのだろうか?百歩譲ってその日を休みにすんなら、子供を富士山に連れて行って掃除をさせるとか、朝から晩まで富士山の勉強をさせるとかすべきなんじゃあないかね、川勝クン。

 

 なんかさぁ、最近つくづく思うんだけどさ。最近の日本人って休み過ぎなんじゃねぇの?祝日・休日が増えると旅行やレジャーがに出掛ける人が増えて、結果的にサービス業が潤い、内需拡大に繋がるのかもしれない。
でも、例え働き蜂と言われようと、真面目に一生懸命働き、良い製品を作り、それを誠実に売って儲けるという、日本人の長所をわざわざ放棄しているようにも思うのね。オレって臍曲がりだから、そこにある種の悪意・作為を感じるわけ。

オレ個人のことで言わせてもらうと、結局年間を通じてやらなければいけない仕事のボリュームって決まってるわけで、休みが増えると、結果的に仕事の密度が高くなって、かえって大変になってしまう。だから、お上に言いたいのは、頼むから



これ以上休日は増やさないでくれ!ってこと。




もう充分だよ。



あと、世の中には今だに過労死してしまうような人もいるわけで、こんなことを書くと関係者の人に怒られてしまいそうだが、でも敢えて言わせてもらうと、





もっと働けよ日本人!





だってさ、昔の人・・・と言わないまでも、祖父ちゃん・婆ちゃんの時代の日本人ってもっと働いてたと思うよ。明治以降の経済の発展ってのはそのお陰だと思うし。俺たちはただその貯金を食い潰しているだけなんじゃないかと。つうことで、





ボクちゃん、明日からまた仕事頑張りま~すぅ!
一部で好評だった“顔いじり過ぎだよ”の第二弾ね。





 オリンピック早く終わらないかなぁ~。全然興味が湧かないし、例え日本人選手がメダルを取っても、所詮は“他人が勝手にやってること”くらいにしか思えない。にもかかわらず、テレビでは、アナウンサー・解説者・タレントが、あたかも自分の手柄のように大騒ぎをしているを見ると、本当~~~にウンザリする。
 オリンピックの結果で一喜一憂している人達を見るにつけ、なんだかひどくウザいというかイライラするというか・・・でも、余計なことを考えず、単純にそういうものを楽しめる人って、実はちょっとだけ羨ましい気がしないでもない。







itsumonokanji2.jpg




いつもの奴らが、いつもの極めて低レベルな感じで・・・お里が知れるというか何と言うか。




こういう↓格好で海外に出かける奴もアホだけど、批判してる連中もこの程度ってわけで。


12664918570001.jpg



まさに目糞鼻糞って感じですな。











01_px250.jpg


02_px250.jpg



今日のネットのニュースにこんなのがあった。



2月末で姿消す「500系新幹線のぞみ」、“引退後”の楽しみ方


日本で初めて時速300kmでの営業運転を実現した、JR西日本の500系新幹線「のぞみ」が2月末で姿を消す。高速性能を追求した独特のデザインで今でも高い人気を誇る車両だが、居住性や他の系列との共通運用に問題を抱えていた。今後は改造を受け、山陽新幹線で「こだま」として走ることになる。




俺、鉄道オタクじゃあないから、電車のこととかって本当に何にも知らない。でも、新幹線ではこの500系が「一番カッコええわ。」と思う。なんかさ、見た目が松本零児チックじゃない?俺、もろその世代だからさ。
で、さっき知ったんだけど、この新幹線って外観のデザインはドイツの会社が担当したんだってね。新幹線の“カタナ”みたいなもんか。


1030078_00_1995_03.jpg



第一線は退くものの、山陽新幹線で「こだま」として走ることになるって話だから、機会があったら是非乗ってみたい。






が、しかし!






当たり前だけど、ひとたび乗ってしまえば外観なんて関係ないんだよね・・・・






おそまつ。













俺って“カーキチ”ではあるんだけど、所謂“カスタムカー”ってのにはまったく興味がないっていうか、どちらかというと嫌いなジャンルであった。ところが先日、某自動車雑誌を眺めていて、ある写真に目が釘付けになってしもうた。



ベースはS30フェアレディーとマツダのロードスターの二種類があるとのこと。
m_roadster_ryu000.jpg


“ハコステ” ベースはステージらしい。
m_roadster_hakosute000.jpg



発売元はここ↓
http://roadstergarage.jp/




あとメーカーは違うけど、電気自動車でこんなのもあるらしい。

201001a12.jpg





ヨタハチ・・かなり欲しいです。買えないけど・・・







臭いそうな頭だなぁ・・・
dqn.jpg








今、世間を騒がせているこの頭の悪そうなアンちゃんのことだけど・・・そもそも、そんなに大騒ぎするするほどのことでもないじゃないかと。





でもどうしてスノボーとかハーフパイプとかって、こういうイタ過ぎる勘違い野郎が多いんだろう。








一昨日の晩、YouTubeでこの動画を見てからというもの、このメロディーが頭の中でエンドレスで鳴り響いている。











泣けるのぅ・・・






などと思いっきり自分の世界に浸ってパソコンの画面を眺めていると、愚嫁が近寄って来て、






「ねぇ、ルンルンはある?


    キャンディは?


      魔女っ子メグちゃんは?」





というので検索をしたところ、件の動画はすぐに見つかった。



















自分でも驚いたのだが、







全部歌える・・・・





特に花の子ルンルンなんて全然見てないはずなのに。




で、ふと思ったのは、アニメのテーマ曲って、オープニングよりエンディングの方が物悲しい曲が多くって、それが基本マイナーな曲調が好きな俺の琴線にビンビンに響いてしまうのである。



例えばこれ↓



これも↓



こんなのもいい↓



あとアニメじゃあないけど・・・






ふと思ったんだけど、俺って






エンディングテーマのマニアだったのね。




おしまい。
100209_164558.jpg



我社では今月から、『活性にごり酒』という新商品を発売することになりました。
活性にごり酒・・・既に他のメーカーでは販売をしているところもあるので、「知ってる、もう飲んだ!」、或いは、「飲んだことはないが、話くらいは聞いたことがある。」、なんてマニアの方も多いのではないかと思いまふ。
ちなみに、巷ではこの活性にごり酒のことを指して、『白い悪魔』などと呼ぶ人もいるらしいのですが、ではなぜ白い悪魔などと呼ばれるのか。今回はそのことについて書いてみようかと思うのであります。


 でもその前に、そもそもアルコール発酵とはなんぞや?というところから説明しなければならなりませぬ。
アルコール発酵というものを、もの凄~く端折って説明をすると、



①酵母という微生物がある種の糖分を食べて


②アルコールと炭酸ガスを排出する
ってことになります。



だから発酵中のタンクの中を覗くと、炭酸ガスの泡がプクプクと出ています。普通はその醪(モロミ)を搾り、更には火入れ(加熱処理)をし、酵母の活動を止めから出荷をすることが多いわけです。逆に言うと、そういう火入れをまったくしないのが所謂生酒で、業界では生生などとも言います。




さて、以上の点を踏まえてっと・・・・




 タンクの中で炭酸ガスがプクプクと泡を立てている醪。それに近い状態で(あくまでも“近い状態”)、瓶詰め・製品化したのが、活性にごり酒という商品です。メーカーによって量に違いはあるけど、瓶の中には生酒と、それから分離したオリが大量に沈んでいます。


100209_164409.jpg



つうことはどういうことかっていうと、瓶の中でまだ弱~い発酵が続いていて、炭酸ガスが少しずつ貯まっているワケです。そして瓶の蓋を開けた瞬間に、出口を求めて酒とガスがシューっとシャンパンのように溢れ出てくる・・・・・くらいならまだいいんですけど、雑な扱いをするとこういう↓事態にもなりかねないので、非常に危険な酒でもあり、それ故『白い悪魔』などと呼ぶ人がいるのですんよ。








我社では今月からそのリスキーな活性にごり酒を発売することになったのですが、飲んでいただく方には次のことを是非守っていただきたいと考えてます。つうか守って下さい。でないとどうなっても知りません。



1.購入後は必ず冷蔵庫で保管して下さい。

これは絶対。暖房の効いた部屋にそのまんまなんて論外。



2・キャップを開ける前に、氷水などに一時間程度浸けてよく冷します。

冷やすことによって酵母の活動を止める必要があります。



3.絶対に振らない。

蓋を開け空気が入ると、自然にオリが動き出して中身が撹拌されます。絶対に振らないで下さい。コーラを振ると・・・それと同じことです。



4・キャップを開ける時は、炭酸ガスを少しずつ抜きながらゆっくりと。

もっとも、キャップはかなり硬く押し込んであるので、男でもいっぺんに開けるのはまず無理ですが。



5・タオルとお皿を用意。

念のためキャップを開ける際は、タオルをキャップに巻き付けるようにして、いざという時に備えて下さい。あと、タオルがあるとキャップが開けやすいです。また、酒が溢れた場合のことを考え、受け皿を用意した方がいいかもしれません。



とここまで書いて、You Tubでこんな動画を発見しました。他社の酒を使っていますが、わかりやすいので参考にされてはいかがでしょうか。






いろいろと小うるさいことを書き連ねましたが、上に書いたことをキチンと守ってさえいただければ、シュワシュワの美味しいお酒を楽しめます。
ちょっと変わった日本酒を飲んでみたい・・・扱いがちょいと面倒ですが、そんな方にはオススメなお酒だと思います







issue_1_1.jpg




だ~か~ら~


    欲しくなっちゃうジャン・・・・







とだけ書いて終わるつもりだった。ところがデアゴスティーニさんのHPを見ていて、今度はこんなものが発売になると知った。







akg_s1_p3_2.jpgakg_s1_p5_3.jpg








これはマジでヤバいぞ・・・・












里緒ちゃんのことを書く前にひとつお詫びをしとかなくちゃ・・・




前回の書き込みで、5月の臥龍梅のイベントのついて書いたんすけど、肝心の開催日を間違って書いてしまったッス。すんません。正しくは、






5月9日の日曜日です、ハイ。





社長が書いた文章をカレンダーでちゃんと確認することなく、そのまんま転記したので(人のせい)・・・・すいませんでした。




さて、里緒ちゃんです。今日で7ヶ月に突入しました。昨日YOU TUBEに動画をアップしたので、今回はそれを貼り付けようと思います。










たまひよSHOP南アメリカ製の座イスを買いまして、それに座らせて撮ってみました。でもまだ慣れていないせいか、長時座らせると泣いてします。
とにもかくにも、とりあえず里緒ちゃんは順調に巨大化しています、特に







頭が・・・・
ちょっとだけフライングをしちゃおうかしらん。
garyu2009-2-2.jpg






去年の5月に『臥龍梅を愉しむ会』というイベントを、東京は北区の北とぴあさんで開催した。



http://obugyousama1967.blog62.fc2.com/blog-entry-599.html


幸いご来場をいただいた方にも大変好評で、それに気をよくして今年も会を開催することになったのだ。
日時・場所は以下の通り。






日時 2010年5月9日(日曜日)
13時から15時まで


場所 北とぴあ13階飛鳥ホール




去年は、一部が取り扱い小売店様を向けの説明会&試飲会、二部が一般消費者の方向けの酒の会といった二部構成であったが、今年はそれをやめて酒の会のみ開催ということになった。なにしろ去年は片付けをして会社に着いたら日付が変わってたからね・・・



今決まってるのはこれだけ。また会が近くなっていろいろと決まってきたら、このブログでも詳しく告知をさせていただくので、日頃より拙ブログをご覧のマニアの方におかれましては、









とにかくスケジュールは空けといてくらはい。







odenshizuoka.jpg



今年もまたこんなイベントが開催されるらしい。詳しくは以下の↓URLをクリックしたまえ。



http://www.city.shizuoka.jp/deps/event/odennfesuta.html



このイベントって、いろいろなおでんを一度に食べられるってのが魅力なんだけど、それ以上に昼間っから屋外で堂々と飲めるってのがいいんだよね。





で、「結局お前は行くのか?」と問われれば、






「外で飲むのは寒いからヤダ。」ってことで、今回も棄権しようと思う。つうか、そもそも





飲むためのイベントじゃあないっつうの!!!!





失礼・・・・






sony-navi.jpg





去年買ったSONYのナビゲーションその後である。



子供が生まれてからというもの、旅行に行くことも全然なくなってしまった。従って、ここ半年ほどナビゲーションは使わずに、押し入れの中にしまっていた。使いもしないのに車に付けておいて、盗まれるのが嫌だったのだ。
でも機械というのは使わないと壊れるものなので、最近はナビゲーションに音楽を記憶させ、MP3代わりに使っている。


さて、オレのナビゲーションに限らず、例えばメーカー純正のナビなどは、運転中はテレビの画像は見られないようになっている。でも、たまに走りながらテレビをつけている車を見るにつけ、なんだか凄く羨ましいというか、ある種の敗北感のようなものを感じていた。走行中テレビは見ないのが当たり前だし、オレ自身テレビなんて家でもあんまり見ないのにだ。


ところが、ネットでいろいろ調べたところ、ヤフーのオークションで走行中もテレビがみられるキットが売っていた。落札金額は1200円だというので、即効で申し込んだ。これだったらたとえ上手くいかなくても傷は浅い。
で、二、三日前にその荷物が届いた。中を開けると液晶画面の保護フィルムとビニールの袋に米粒ほどのプラスチックの部品、それとピンセット、あとなぜだか車の芳香剤が入っていた。


説明書を読むと、例の米粒大の部品を・・・・・・





えっ、それだけなの?




詳しく書くといろんな方面から怒られそうなので、具体的にどうするのか説明するのはやめておこうと思う。
でも、これだったらやり方さえ教えてもらえば、ホームセンターで資材を買って作れるんじゃないかってレベル。
で、早速装着。所用時間約15秒。果たしてこれで見られるようになるのか、実際に車を運転中にテレビをつけてみた。





見られた!!!





以前は時速が20キロを超えるとテレビは見られなった。でも、80キロになっても普通に映っている。





やったぁ~、俺!!!






でもさぁ、こんなに簡単に見られるようになっていいのかね?つうか、SONYさん・・・





ひょっとして確信犯?