特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪
七不思議と言っても、私が勝手に言っているだけで、他の県民・市民は「何それ?」ってお話しです。




雨筆さんの日記を見て、あのハードロック界の超ビックネーム、“白蛇”さんが静岡の市民文化会館でコンサートを開くことを知りました。







何故?




大阪でコンサートをやるついでに静岡でもっていう、“ぶらり途中下車の旅(by雨筆氏)”なんですが、彼らの全盛期を知っている立場からすると、「まったくもって諸行は無常だわい。南無・・・」と、ついついハンカチで目頭を抑えたくなるような、悲しい庶民化を感じます。
でも白蛇さんとは言っても、このテの大御所バンドにはよくあるパターンで、オリジナルのメンバーなんてほとんど残っていないんですよね。メンバーは知らない人ばかり。つうか、私が知らないだけかもしれませんが。
にもかかわらず!このデフレのご時世にチケットは安くて10000円!、高いと20000円!!!という超バブリー価格。



んなもん、誰 が行くかつうの。



 で、思い出したのは私が高校生の頃のこと。静岡市の産業館(現ツインメッセ)っていう、展示会なんかを開く会場があって、そこで全盛期の東陶のコンサートが開かれたんですよね。
名曲ロザーナやアフリカがヒットした数年後のことで、そんな大物が、普段はプラモの商談をやったり、新日本プロレスのMSGタックリーグ戦で長州力がリキラリアット やるようなプロレス会場で、音響のおの字 ない超絶劣悪な環境でコンサートをしたわけですから。いったいあれは何だったんでしょう。
まぁそこらへんは白蛇さん同様、何か素人にはわからない大人の事情ってのがあったんだと思われます。
これが七不思議のひとつです。






白蛇さん来静の報を聞き、そんな昭和の出来事を思い出しました。
因みに、静岡七不思議のあとの六つは・・・・・実は存在しません。何しろ私が勝手に命名しただけですから。



あしからず。
スポンサーサイト







全国的には「ん?」でしょうが、静岡市民にとっては、「なぁぁにぃぃ、マジかよぉ!!!」って感じで地味に大きなニュースです。
なんとあの静岡市の『メチャ安サイトー』さんが閉店するんだそうです。てか、今までよくやってたなとも思いますが。


他県の友人知人も見ているので軽く説明をしときますが、静岡市の繁華街のど真ん中にそのお店は存在しています。
簡単にいうと静岡で昔からやっている老舗の電気屋さんなんですが、片手間というよりは売り場の結構な部分で腕時計とかZippoのライターなんかも売ってるんですね。
私が子供の頃、静岡のローカルテレビでメチャ安サイトーさんは“画面の動かない”コマーシャルを流してました。
ちなみに私が小学校低学年の頃でしたが、『ラジカセ』というものを我が家で初めて購入したお店が、このメチャ安サイトーさんでしたね。


画面動いてた・・・・



話がそれますが、その頃は他にも『はきものはニトー』さんとか


動画なし


『ヨコチのペット』とか、




『漢方薬の荷居屋』さんとか





そういう“”どローカル”なCMがテレビから流れていて、個人的に昭和の静岡ローカルCMの四天王と呼んでおります。
いや待てよ、そうなると大村用品店はどうなるのかと。







 さて、話を元に戻しますが、いつの頃からか電化製品は郊外の大型店で購入するようになり、このお店で電化製品を購入したのは、そのラジカセが最後になってしまいましたが、私のこのお店には十年位前まで割と頻繁に出入りしておりました。
十年前といえば、私がまだトレンディーでヤンエグだった頃のことですが、いっとき狂ったように腕時計を買っていた時期があったんですね。
静岡で毎週末飲み歩いていた頃、店が開くまでの間、サイトーさんのショーケースに並んでいる腕時計を「あれいいなぁ、これも欲しいなぁ・・・」って飽きることなく眺めていたものです。
ただ、その向こうにはその当時ですら骨董品と呼んでもいいようなミニコンポ(苦笑)やラジカセ(号泣)が、新発売だった当時の値段のまんまで売っていたりして、それを見る度に流石に静岡一偏屈と言われている私ですら、「なんなんだココ・・・」と言葉を失ったものです。




平成の時代になって既に30年弱。いつかはこんな日が来るのだろうなぁとは漠然と思ってましたが、いざその日が来ると妙に寂しいものです。
最後にお約束の一言を言わせてもらいます。




昭和は遠くになりにけり。



私の年代の静岡県民は涙腺決壊レベルの懐かしさ・・・のハズ。
rps20160203_122621.jpg
rps20160110_150924.jpg


すみyz


IP150428TAN000127000_2015050.jpg


  普段は家と職場の間を伝書鳩のように単調に往復をしているだけで、しかも寄り道さえほとんどしないので、たまに静岡市の中心街へ行くと、短期間の間に街並みがガラッと変わっていて唖然とすることがよくあります。
ところで、先日Facebookを見ていると、呉服町のすみやが再開発に伴い閉店するとの情報を知りました。「今頃知ったかのか?」とツッコミを入れられそうですが、本当につい最近知りました。
 ググッてみるとすみやだけではなく、横のサイゼリヤの入っているビルも含めて、あの辺のビルが再開発でまるまる無くなってしまうようです。

 すみや……およそ静岡市に住んでいる(住んでいたことがある)人間なら、このレコード&オーディオ&楽器店に大なり小なり思い出があるはずです。かく言う私もそうです。
三階にあるオレンジホールで演奏をしたこともありますし、中学の時は二階の楽器売り場でローランドのモノフォニックシンセを飽きることなくいじっていたものでした。また一階のレコード屋でJapanの『孤独な影』を試聴して信者になることを決意したりと、青春時代の思い出が、箱根の寄せ木細工のようにギッシリと詰まっている、そんな場所なのであります。

 つうことで、ビルが取り壊しになる前に画像に残しておこうと、伊勢丹の北海道フェアに行ったついでに写真を撮ってきました。
七間町にも27階建てのビルが出来るっていうし、あと十年経ったら静岡の中心街の景色は相当違うものになってしまうでしょうね。寂しい気もしますが、都市は生き物。仕方がないですね。やんぬるかな。