特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪
20060914194443.jpg


他にも書きたいことはたくさんあるんだけど、この際、面倒だからシリーズ最終作の『迷路荘の惨劇』を先にチャチャっと片付けてしまおう。

放送
1978年10月14日から10月28日までの全3回

出演
三橋達也
浜木綿子
仲谷昇
千石規子



監督
田坂啓

音楽
真鍋理一郎


あらすじ
静岡県の相原にある名琅荘(めいろうそう)は、屋敷の至る所に抜け穴の仕掛けが施されてあり、そのため別名「迷路荘」と呼ばれていた。
元伯爵・古館辰人からその妻・倭文子(しずこ)とともにこの名琅荘を譲り受けた篠崎慎吾はこの屋敷をホテルとして開業する前に縁のある人々を名琅荘に呼び集めた。しかし、そこに真野真也と称する怪人物が現れる。人々は、その男が20年前に先代の古館一人を殺害し逃亡したまま行方不明の緒形静馬ではないかと恐れた。そして篠崎の依頼で名琅荘を訪れた金田一の来訪を待ちかねていたかのように連続殺人事件が起こる。

私情インプレッション
ドラマオリジナルの設定で、舞台が静岡県の『相原』ってなってるんだけど、そこってどこよ?静岡県人としては???である。
原作ではJRの富士駅を降りて云々といった件があって、それを我輩なりに咀嚼すると、名琅荘の場所は今の東名高速富士ICのあたりと思われる。スゲー地元じゃん!それにしてもくどいようだけど、『相原』って何よ?

まぁ、そんな細かなことはどうでもよい。 前回の書き込みで『仮面劇場』を最低作品のように書いたが、ひょっとしたらそれは『迷路荘の惨劇』の方かもしれない。
具体的にはどこがダメダメかっていうとだね、以前も書いたけど、迷路荘の惨劇はかなりの長編である。それを三回の放送でやろうって言うんだから、そもそもそこにかなりの無理が生じるのである。それが原因なのであろう、このすぐれた原作にいろいろ手を加えている。結果、登場人物の一部省略。また、省略したことで犯行の過程というか内容を一部変更している。(詳しく書けないのがもどかしいが)要するに台無しって話。

あと、重箱の隅をつつくようなことかも知れないけど、原作では金田一は犯人をかなり軽蔑している。BUT!ドラマではひどく犯人に同情的なんだよね。原作にはないエピソードまで持ち出した上で、なにやらチンケな三文メロドラマみたいな結末にしてしまっている。

結局、

うん、やっぱりダメだな、これも!

294205.jpg


これだったら、かつてテレビ東京系で放映、DVD化されている“上川”金田一版の方がいろいろアレンジしてあるとはいえ、まだずっとましだと思う。ご覧になるならこちらの方を。



総合評価
★☆☆☆☆
星ひとつ

D1000077.jpg


さて、長々とやってたこの『横溝正史シリーズ』も今回が最終回。
皆様、妥文にお付き合いいただき深謝。

これからはいよいよシーズンってこともあって、“本職”の日本酒ネタに力を入れていきたいと・・・思わなくもないのである。

20060914195605.jpg





スポンサーサイト
kamengekijo.jpg


いよいよこの作品を語るときがきたぜぇい。

放映
1978年9月16日から10月7日までの全4回


出演(古谷一行以外)
司葉子
池部良
長尾深雪
菅井きん


監督
井上芳夫


音楽
真鍋理一郎


あらすじ
瀬戸内海を旅する金田一耕助は、船中で大道寺家の未亡人・綾子と知り合う。
そのとき、一艘の小舟が二人の乗った船に近づくが、船には奇妙にも柩が詰まれ、その中には美しい美少年が身動きもせず横たわっていた。助け出された美少年・虹之助が盲目で口も耳も不自由であると知った綾子は虹之助を引き取ることを申し出るが、金田一は何かしら不吉な予感を感じるのであった。
果たして、綾子の周囲で連続殺人事件が始まりを告げた。

DVDライナーノートより。


私情インプレッション
この『仮面劇場』。横溝正史シリーズⅡのがっくり4部作その3である。そして、その中でもダメさ加減はピカイチ。実はこの作品も、原作、DVDともあんまり見てなかったんで、一応今回両方見直した。

原作には金田一耕助は登場しない。いわゆる由利徹『おしゃまんべ~』、
20060908194542.jpg


じゃなかった由利燐太郎ものである。もちろん日和警部も原作には存在しない。でも、まぁそんなことは枝葉末節である。
そもそも問題は、本来、2~3回程度で終わる話を無理に4回に引き延ばしたという事に尽きる。それに起因する、余分な出演者と余分な殺人、抑揚のないダラダラとした間延び感。犯人及びその理由はほぼ原作通りなんだけど、もはやあれこれ書く気力もないので、もう終わりにしたい。結論・・・

ダメだこりゃ


総合評価
★☆☆☆☆

星ひとつ


さて、次回は最終回『迷路荘の惨劇』である。あんまり楽しみにしないで待っててね。



リンクを貼るのもなんだかなぁ・・・・

ak.jpg



20060908194644.jpg



なんか今回の書き込みはちょっと気が楽だ。

放映
1978年9月2日から9月9日までの全2回

出演(古谷一行以外)
故・太地喜和子
田口計(よく知らない人)
近藤洋介(この人もよく知らない)
池田秀一(まったく知らない人)
その他知らない人大勢

監督
渡邊祐介

音楽
真鍋理一郎

あらすじ
昭和22年、晩春の東京郊外。蓮華院という寺院の裏手にある酒場、『黒猫亭』の裏庭から変死体が発見された。遺体は30歳前後の女性と推定されたが、衣服はなく、また顔や身体の特徴ある部分が無残に傷付けられ、身元の確認が極めて困難な状況であった。警察は捜査の計画、被害者を黒猫亭の経営者・糸島大伍の愛人鮎子と断定、店を売り払い失踪した糸島とその妻お繁を全国に指名手配した。お繁の愛人で彼の中学の先輩・風間俊六の依頼を受けた金田一耕助も捜査を開始するが、顔の無い死体の女の素性に疑問を抱く。殺された女は何者なのか、また殺人者は誰なのか・・・・。


私情インプレッション
 横溝正史シリーズ、パート1、パート2を通じて全2回の放送はもっとも短い。そりゃそうだ。原作は『本陣殺人事件』の後ろにちょろっと載ってる短編(?)だからね。
 この黒猫亭事件。ごく短い作品なんだけど、マニアの間ではある意味において、とても重要な位置をしめている。
 原作の中で、横溝正史は、金田一耕助の伝記作家という立場をとっている。そしてこの原作の冒頭で、私(横溝)が岡山県に疎開中、はじめて金田一に会ったこと、また、金田一耕助の扱った事件を書くことを許され、公認の伝記作家となったいきさつについて触れている。
 まっ、映像の方ではそんなことは●●さんの集中力ほども(まったくないの意)取り上げてはいない。当たり前ではある。

 で、この映像についてなんだけど、個人的にはパート2の中で、我輩は一番いいと思う。原作にも忠実。『何も足さない。何も引かない。』よさがある。その上で、文章では表現しきれない、戦後間もない日本の世相・風俗を上手に映像化している。

星の~流れに~、身をうらなってぇ~♪

って曲が準テーマ曲的に使われているけど、この作品にとてもふさわしいナイスな選曲だと思う。
 この作品の前後がガックリ4部作だけに、短いけれど、キラリと光る存在感があるね。

あといいところはと言うと・・・
太地喜和子の『小股の切れ上がった』純和風な美しさであろうか。

060908_2037~01.jpg


他に『小股系美人』と言えば『池波志乃』をイメージする御仁も多いんじゃないかしらん。

is.jpg


この二人が小股系美人の二大巨頭だと思うんだけど、そんなことを考えていて、ふと思った。そもそも、

『小股の切れ上がった』って何よ?

とにかく調べてみた。某国語辞典によると『和服を着た女性が,すらりと粋な様子』だそうな、ナルヘソ。
このブログもたまには勉強になるでしょ。

 でまぁ、この文章を作りながら、ネットでいろいろと内容について調べてたりしたんだけど、凄いことに気が付いた。
書き込みの冒頭、出演者のところで『池田秀一』氏について『まったく知らない人』って書いたんだけど、この人って実は

『シャア』

sy.jpg


の人らしいね。いや、マジで知らなかった。なにしろ『黒猫亭事件』の中ではこういう風体だからさ。

060908_2114~01.jpg



『ガンダム』以外の作品もシャアみたいなイメージで出演してるって感じがするじゃん?なんとなく。でも、この作品を見る限り、シャアっぽくは全然ない。
 ちなみにこの人、映画版『獄門島』にも出ているらしいんだけど、DVDを持ってないんでどんな役かは知らないです、ハイ。

例によってだいぶ話が横道にコースアウトしたけど、最後に

総合評価
★★★★☆
星4つ。ちょっと甘かったかなぁ。

そんなわけで、次はガックリ4部作の真打、『仮面劇場』に突入するわけなのである。







jooubati03.jpg


 なんだかもう気が重くなるような横溝正史シリーズⅡのがっくり4部作の2番目。『女王蜂』どす。
嫌なら書かなきゃいいジャン!って思うかもしれない。まっ、でも始めちゃった以上、便所でお尻を副会長・・・

k.jpg



じゃなかった。ケツをふくトコまでやんないとね。

放映
1978年8月12日から8月26日までの全3回

出演
岡田茉莉子
片平なぎさ
夏夕介
神山繁
赤塚真人
南美江
坂東正之助


監督富本壮吉

音楽
真鍋理一郎

あらすじ
面倒なんで今回もDVDの紹介文をまんま拝借。とはいえ書き写すのはかなりかったるい。

伊豆・下田の遥か南方に位置する月琴島。ここには源頼朝と深い関係にあった女性・大道寺多衣が頼朝の妻・政子の嫉妬を恐れこの島に隠遁したという伝説が残る。また島には居を構える多衣の子孫の大道寺一族には、愛し合った者は決して結ばれず不幸な死に方をするという、政子の呪いとも受け取れる恐ろしい言い伝えが今も生きている。現に同家の一人娘の智子もその言い伝え通りに両親を亡くしていた。智子を娘として迎えたいと願う東京の実業家・速水欣造の依頼を受けた金田一は速水家の一家と月琴島に渡るが、そこに待っていたのは「智子よ島に留まれ」という何者かの警告文だった。しかも警告文は「智子は恐ろしい“女王蜂”で、近づく男たちは全員死に至る」と告げる。そしてその言葉通りに、智子を愛した男たちが次々と無残な死を遂げていった・・・

私情インプレッション
犯人及びおおまかなストーリー展開は原作に沿ったものと言えるんだけど、それ以外のディテールにはかなりアレンジが施されいる。でも、そもそもこの『女王蜂』ってさ、原作が、『悪魔が来たりて笛を吹く』と同じくらいのボリュームがあるわけよ。文庫本でいうと厚さが1.5cmくらい。かなりの大作。
『悪魔~』はそれを全5回に分けて丁寧に作っている。しかし、女王蜂は同じくらいのボリュームがありながら、『真珠郎』と同じ全3回の放送でやろうってのは、そもそもかなり無理があるんでないの?
 すごくおかしいのは、この次の次でやる予定の『仮面劇場』は原作が女王蜂の半分程度の長さである。しかしこちらは全4回の放送。かたや必要以上に短く、かたや無駄に長い。従って両作品ともそこにかなりの無理が生じていることは言うまでもない。
 ちなみに次の次の次で放送された『迷路荘の惨劇』も原作は本作と同じくらいの長さ。にもかかわらず放送は同じ全3回。今さら言っても仕方がないことなんだけど、放送する作品をよく選んで、ひとつひとつをもっと丁寧に、原作に忠実に作るべきだったんじゃないかな。
パート2がパート1に比べて評判がよくないのは、結局突き詰めていうと、そのあたりに原因があるんぢゃぁないかと。粗製乱造ぢゃぁないかと。30年近く経って・・・

今、気が付いたよ。

ε=┏(; ̄▽ ̄)┛


なんか文章が丸保田さんみたいになっちまったぜ、オイ。
個人的には『仮面劇場』なんてやらなくてもよかったと思う。その分の予算と時間を他のガックリ作品に振り分ければ、それぞれがもっといい作品に仕上がったんじゃないかと思われる。だいぶ話が本題からそれちまった・・・

 つまり、上記の理由によるしわ寄せで女王蜂はツッコミどころ満載のダメダメ作品に仕上がっている。せっかくいい俳優さんを使っているのにまったくもったいない。
でさ、ネタバレになりそうなんで、あんまり詳しくは書けないんだけど、どうでもいいが、

多門連太郎を殺すんじゃねぇよ!

九鬼老人を勝手に省くなよ!


 この二点は声を大にして言っておきたい。なぜなら、原作において、この二人は事件の鍵を握る大変重要なキーマンだからである。嗚呼、詳しく書けないことがもどかしい。
 あと、もうひとつ指摘しなければならないことがある。パート2の音楽はシリーズ共用の使い回しだって書いたことがあると思うんだけど、この女王蜂に関して言うと、それらをやたらめったらとかけまくっているんだけど、

ガシャガシャうるせぇんだよ。

と。そうでなくてもダメダメなのに。見ていて本当にイライラする。
まっ、そんな作品ですよ。我輩、ハッキリ言ってオススメできません。

 この女王蜂。映画を含め何度も映像化されている。
一番いいのは今年の正月、フジテレビ系列で放映された『稲垣金田一』版だと思う。

91740194_c2a2128dcf_o.jpg


惜しむらくは稲垣吾郎の演技が学芸会なみのダイコンであることと、放送時間の関係で最後の謎解きのあたりがちょっとハショッた感じになってしまったという二点かな。あとは原作にも忠実でテレビにしては出演者、セット等も含めて、凄く丁寧に作ってある。
あと『口紅にミステリー!』のコマーシャルが印象的だった映画版もなかなか。

10000232.jpg


原作を若干アレンジはしてあるものの、この程度なら、

セーフ!

である。

そうそう!ひとつみんなに気を付けてもらいたいのは、1994年にTBS系で放映されたスペシャル版、いわゆる、古谷金田一の2時間もの。コイツの残骸がどうかするとレンタルビデオ店にまだ残っていたりする。
ハッキリ言おう。これはもはや、

借りてはいけない!

作品である。まぁ、この作品に限らず、TBS系の古谷金田一2時間ものはハズレが多いね。見ない方がいいと思う、マジで。

で、また話が底抜け脱線ゲームになってしまった。最後に総合評価

★★☆☆☆
星二つ

ホントは星ひとつでもよかったんだけど、片平なぎさの美しさに免じて、オマケをしておこう。

060906_2100~01.jpg


つうことで次回は『黒猫亭事件』をやる予定なんで刑事ヨロシク!

20060907185413.jpg








yoruarukuB.jpg


あ~、なんなんだろう。この敗戦処理投手みたいなやるせない心持ちは・・・『夜歩く』かぁ。まっ、サラッと流しましょうかね。

放映
1978年7月22日から8月3日までの全3回

出演
故・范文雀(元ジュン・サンダース)
谷隼人
村井国夫
管寛太郎
原泉
伊藤雄之助

監督水野直樹

音楽
真鍋理一郎


あらすじ
この世にも恐ろしい事件が始まったのは、金田一耕助が戦友の屋代寅太を小金井の古神家に訪ね2年ぶりに再会を果たし日だった。おりしも古神家は美しく一人娘・八千代をめぐる三人の男、彼女の婚約者で画家の蜂谷小市、屋代の従弟千石直記、それに八千代の腹違いの兄の古神守衛の争いで殺気立っていた。深夜、金田一が幽霊のように庭をさまよう八千代の姿を目撃した翌朝、金田一と屋代は頭部と手首を切断された不気味な男の死体を発見した。死体の右太股の傷痕から被害者は蜂谷で犯人は失踪した守衛と断定されたが、守衛の右太股にも同じ傷痕があるという守衛の乳母の証言から 死体が守衛である可能性も出て、金田一と日和警部をおおいに悩まさせる。やがて物語の舞台は古神家の本家のある岡山県の鬼首村へ移っていく・・・。

DVDのライナーノートをそのまんま拝借。


私情インプレッション
一応、今回『夜歩く』を書くにあたり、原作とDVDを両方見ることにした。実は我輩、『夜歩く』に関しては原作をあんまり読んでいない。たぶん今回で3~4回目だと思う。だから原作と映像をちゃんと見てから評価しようと思っワケなんスけどね。
で、いきなりだけど、結論。


なんかイマイチ。


 原作にはない殺しがひとつ入っているのが余分と言えば余分なんだけど、それ以外は原作にもまぁ忠実かなぁ。
上手い役者さん達が渋~い演技してるんだけど、今ひとつガツンと来るものがないんだよなぁ。なんでだろう。

20060827121650.jpg


 じゃあ原作がそもそも退屈なのかっていうと、いやいや!「これでもかっ!」っていうくらいのトリックてんこ盛りでなかなかに面白い。

BUT!じゃあ、なんでこうも萌えないのだろうと、ここ2~3日考えてるんだけど、結論が出てこない。単に我輩との相性の問題か。

強いてこの映像の良いところをあげるとするとだね・・・
范文雀さんの美しさと

hb.jpg


タイトル曲の異常なまでの不気味さかな。う~ん、でもこの場合、“曲”って言っていいものかなぁ。
ピアノの低い唸りに、遠くの方で女の人のスキャトが絡んでるっていうような曲なんだけど、

cm_yoruaruku.jpg


ハーモニーみたいなものは全然ないし、、どちらかというと怪談チックなサウンドで、気味の悪さに関してはパート1、パート2の作品の中でも全開バリバリのぶっちぎりでNo.1だと思う。まっ、そのくらいか。

というわけで、これ以上何も書きたいことがないので、今回はこれでおしまいってことにしたい。


総合評価
★★☆☆☆
かなり甘く見て星二つかな。