特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。













今回も面白かったです。
スポンサーサイト









静岡市の青葉通りにあるラーメン店『清六家』さん。過日、青葉通りでイベントが開催された折り、私のいたテントの後ろにあったので、昼休みこれ幸いとインしたのであります。



『清六家』という屋号を見ればわかるように、所謂、家系のラーメン屋さんであります。。ちなみに私は豚骨ラーメンに、休日出勤している自分へのご褒美として200円の焼豚を贅沢にトッピングしました。



さて、私情インプレッションですが……



見た目は家系ラーメンのお約束を寸分も違えることのない、スタンダートな具材の配置であります。誰がどう見てもまごうことなき家系の豚骨醤油ラーメンです。
濃厚なスープの上に、心のどこかにある健康志向とそれに対する罪悪感を払拭するが如く、緑黄色野菜ホウレン草が言い訳程度にチョロっとON。そして毎回「どのタイミングで食べたらいいのか。」と私を悩ませる海苔がどんぶりの淵に貼りついております。そして具材の真打ち焼豚がドーんとセンターを確保。あとはシナチクがどうでもいい存在感でスープに半分埋もれています。
数ヶ月に及ぶダイエットを瞬時に無力化する、家系ラーメン魅惑のラインナップであります。


では食します。


まずはスープを一口。うん、光蔵と同じような感じで、まったりこってりクリーミー。
故“一本”を彷彿とさせます。これを一口すすったらどんな坂道でも登れそうな気がします。
麺は、私こういうの初めてなんですけど、平打ちの太麺で、食べごたえがあり悪くないです。
焼豚はシットリとしていて、紅◯餃◯房のパサパサの焼豚を食べてうちひしがれた、動タン至上主義オヤジの右脳を優しく癒してくれます。 結論、美味いっス。



美味いんですが、清水区からわざわざ食べに行くほどの魅力があるかっていうと、そうではないようなそんなアンニュイな心持ちであります。
また、あえて悪くいうと、典型的な家系ラーメンなんですが、それ以外になんか特徴があるのってことになると、それ以上でもそれ以下でもないと。
ただ、場所が場所ですから、家族やカップルで行くお店というよりは、飲んだ勢いでなんとなく翌日に残りそうな嫌~な 予感を感じつつ、「ゲヘヘヘヘ、健康のことなど考えず本能の赴くままに食べろ、汁を一滴残らずすすれ!」という悪意の囁きに従って素直に食べるのがいいんじゃないかと。


とまぁ、そんなことを小一時間、イベントでお酒の酌をしながら考えてたわたしって、


やっぱり馬鹿?
rps20130822_131914.jpg


 光蔵と書いて“みつくら”と読むようです。東名高速清水ICそばに新しく出来たお店で、「六角屋のあったところ。」って言えば、95%の清水区民は「あぁ、あそこね。」と膝を打つはずです。
少し前、そこにあったトンカツ屋さんが店をたたんだので、「今度は何が出来るんだろう。」と気にしてはいたのですが、ある日そこに『とんこつラーメン』の文字を発見して以来、私よりむしろ嫁の方が早く行きたいなどどおっしゃるワケです。で、行ってきました。


 事前ネットで調べたところ、どうも草薙にある『麺屋 蔵の助』と同じ系列のお店らしく、言われてみれば、メニューとか焦がしたチャーシューとか、「あぁ、なるほどな。」と納得するワケです。
普通の醤油ラーメンなんかもありますが、とりあえず、私は無難(?)に醤油とんこつを、嫁は「初めての店ではスタンダードなものにしとけ。」という私のアドバイスを軽くスルーして、味噌とんこつチャーシューをオーダー(しやがった)。あと餃子も。


私の
rps20130822_131838.jpg


嫁んの
rps20130822_131856.jpg




で、早速ではありますが、結論。写真を見れば◯×クンでも3秒でわかる通り、私の食べたとんこつ醤油は、所謂家系のヤツで、それをファミリー向けにもうちょっとクセをなくした感じとでも言うのでしょうか。うん、悪くないです。
で、嫁のヤツはと言うと「パパのスープの方が美味しかった。ショッパかった。失敗した」とのこと。ただ、チャーシュー重視の嫁的には「チャーシューは美味かった。今度はパパのスープでチャーシューを食べる。」とそこそこ満足してはいるようです。確かにチャーシューは分厚くて、トロットロで香ばしくて美味しかったですね。


 ただ、ちょっと気になった点を二つばかり。草薙の『蔵の助』に行った時もそうだったんですけど、炒飯をセットで頼もうとしたら、それは今やってないとメニューに書いてあったこと。理由はなぜなのかわかりません。
ただ、このテのファミリー向け(?)のラーメン屋さんで、セットものに炒飯があるのは当たり前で、それがメニューに載っているのにも関わらず、“今はやってない”というのはこの店と、例の草薙の店でしか経験がないので、なんでかなと。
 あと値段の割には麺、具材が少なく感じましたね。気のせいかしらん。でも世の中には麺大盛無料、野菜大盛無料って店もあるわけですからね。



rps20130822_131809.jpg



もちょっとサービス精神があってもいいかなぁとも思います。
店員の接客はよかったですよ。だからこそ上の二点がおしいなと。でもそのうちまた行くと思います。


つうことで久しぶりに俺的ラーメンランキングをやってみようかと思います。





こんな感じですかね。




一位  一元 八木間 (清水区)

moblog_98a15149.jpg



二位  あさ乃(清水区)

moblog_bc399c19.jpg



三位 麺屋 光蔵(清水区)

mitukura.jpg



四位 らーめん ブッチャー(駿河区)

moblog_a8712adc.jpg




例によって異論反論は受け付けません。基準はあくまでも俺ということで・・・







基準は


異論反論はノンノン




一位  一元 八木間 (清水区)

moblog_98a15149.jpg



二位  あさ乃(清水区)

moblog_bc399c19.jpg



三位 らーめん ブッチャー(駿河区)


moblog_a8712adc.jpg







a8mat=203WXE+5FVMSY+1QRQ+63WO1" target="_blank">






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。