特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪






10日、11日とファミリーで大阪USJ旅行へ行って参りました。ここに至る経過については6月4日の記事に書いた通りであります。
で、過去の(特に独身時代の)旅行記の反省から、今回の旅行についても出来るだけ簡潔に書こうと思います。


10日の朝・・・というよりまだ夜中の、2時50分に家を出発!ランボルギーニ・マーチ1300ロイヤルGTサルーンで一路西を目指します。
静岡→愛知→三重→滋賀→京都→大阪と走ること約370キロ。8時頃USJに到着。早速入場ゲートへ。入り口でまずは里緒の大好きなキャラクターと戯れ、そのあと乗ったアトラクションは


ジュラシックパーク(船の方)

ターミネーター

ハリーポッター(室内の方)

スパイダーマン

ミニオンのハチャメチャライド

ジョーズ

以上。今回もエクスプレスパスを使ったので、効率よくアトラクションを廻ることができました。
実はこれらの合間に、お子ちゃまエリアでキティちゃんに会ったりとか、いろいろ遊んでたので、なんやかやUSJを後にしたのは、5時30分くらいかしら。
私的には大満足!里緒も相当に楽しかったらしく、興奮しながら、ターミネーターの最後の「ドン!」がビックリしたとか、ジュラシックパークの落ちるところが怖かったとか言っておりました。


で、「一番面白かったのは?」って聞いたら、


「ジョーズ!」


「えっ、ハリーポッターは?」


「怖かったから目を閉じてた。」


「それじゃあダメじゃん。」



ひとつ感じたのは、2年前に行ったときは、ちょうどハリーポッターのエリアが出来たばかりの頃で、それっぽい格好をした若い人達がた~~~くさんいました。が、今回そういう人達はほぼ絶滅危惧種のような存在でしたね。諸行は無常・・・じゃあ今は何か言えば、それはミニオン。ミニオンの嵐です。
USJ側も猛烈なミニオン押し。まぁ確かに可愛らしいキャラクターで、ここのところ年を取るに連れ、どんどん女性化している私からみても、非常に可愛らしく癒しを感じる存在でした。



さて、そんなこんなで、ホテルへチェックイン。今回泊まったのは天王寺駅のすぐそばにある『バリタワーホテル』さん。
名前の通り、南国ムードが炸裂な感じのホテルで、我々の部屋はツインとは言え決して広くはありませんでしたが、清潔感があり、アメニティも充実。我々貧民底辺家族には充分過ぎて、なんだか知りませんが「贅沢しちゃってすいません。」謝りたくなるようなホテルでした。


この日の夕食なんですけど、予定通りヘトヘトになったので、もうあんまり歩きたくない状態ですから、予めリサーチをしておいたホテルのすぐ裏にある『鳥貴族』さんへイン。なぜ大阪まで行って鳥貴族なのか、そこは聞かないで下さい。それが我が家なんです。



で、二日目。


この日は昼くらいまで大阪にいて、昼飯を食べたら静岡に帰ろうってことで、あまり遠くへは出掛けず、ホテルから歩いて行こうと思えば行けるくらいの距離にある新世界へ。







ここでは通天閣に登ったあと串カツを食べたのですが、まぁなんていうか、入った串カツ屋さんはあんまり美味いところでもなかったので、串カツレポートは今回はなしってことで。
つうか、個人的に思うんですけど、串カツってソフトドリンクと一緒に食べるものではなく、やっぱりビールや酒のつまみだなと。


昼食的には不完全燃焼でしたが、久しぶりに行った新世界はやはり独特なところで、その相変わらず感が面白かったです。
初めて行ったのがもう10年近く前ですが、あの頃に比べるとだいぶ“浄化”が進んだのか、路上で寝ている自由な感じのおじ様方はまるで見かけませんでした。


が、スマートボール場はあるし、





大衆演劇の劇場は常設だし





安~~~い床屋さんも健在





賞味期限切れのジュースを30円で売ってるし、





ご婦人方にはNGな昭和な感じの映画館は営業中。




なんの脈略もなくキティちゃんの駐車場はあるしで、(結構なお値段でした!!!)





そのごった煮感というか、カオス感は以前より増したのかもしれません。


もうちょっとゆっくりしていたかったのですが、次の日は仕事だし、1時には現地を出発。行きと同じルートを通り、5時半には家に着いてました。


何事もなく、無事に静岡へ帰ってこれたから、今回の旅行というの名の家族サービス、いや家族御奉公は100点満点だったということにしておきます。


駄文に長時間お付き合いいただき感謝申し上げます。

スポンサーサイト
先週の東日本空手道選手権の動画をアップしました。


一回戦(不戦勝)



二回戦



三回戦



決勝戦 延長戦アリ



決勝で負けたことが相当に悔しかったらしく、終わったあとは大泣きでした。















これは動画を取り損なった一回戦の写真です。人様のところからちょろっと拝借しました。

リオ優勝


リオ優勝2


昨日の県大会のことをもうちょっと詳しくレポートします。



今年最後の大会。組手で里緒は前回、前々回と同じ相手と決勝で戦い、二回とも負けているので、今回こそはと、もうその負けた試合の動画を死ぬほど何度も見直し、傾向と対策を練って戦術を徹底的に反復練習しました。気分は真珠湾攻撃の帝国海軍航空部隊のような感じです。苦手の型はまあ“ほどほどに”。
 でまあやっぱりと言うか、午前の型の試合は“お約束”の二回戦敗退。それほど精神的なダメージはありません。でもそろそろ型も上手にならないと恥ずかしいのですが、それは今後の課題ということで。
気持ちを切り換えて午後の組み手の試合に臨みます。


 ここからは動画をYouTubeにアップしたので、そちらをご覧下さい・・・・と言いたいところですが、パパが初戦を取り損なうという大失態を演じ、一回戦の動画がありません。コンプリートに失敗したようで、非常に悔しく情けない心持ちであります。
 つうことで二回戦(準決勝)の動画がこちら↓。相手の子は里緒と似たタイプで、結構ガチャガチャとやってきます。





「ちょっとヤバいかも。」とか思いましたが、里緒の上段回し蹴りが幸運にも相手の顎に入り、生まれて初めての“技あり”を取って、結果的には余裕の判定勝ち・・・・ですが、技ありが取れなかったらと思うと反省点の多い試合でした。


そして迎えた決勝戦。また今回も同じ相手との試合でした。さて、私の考えた“傾向と対策”はうまくいきますやら。





結論ですが、相手の長所を徹底的に押さえ込むことに成功し、里緒のペースで試合を運ぶことができました。

 
 道場での練習はもちろん、稽古のない日は家で練習、静岡南道場にも出稽古でお邪魔したりと、ここ2ヶ月里緒は本当に頑張りました。結果が出て本当に良かった。里緒も自信がついたようで、それが一番の収穫です。



亡くなった私の母親がよく私に言ってました。




「結局、最後までコツコツ頑張る子には勝てないよ。」




 それは私に一番欠けていたことで、里緒には同じ失敗をさせたくありません。今回の優勝で、里緒は日々のコツコツが大事だってことを少しだけ理解したようで、これが勉強にも役立ってくれれば・・・・・大嫌いなんですよね、勉強が。
まっそれはそれとして、優勝したら「焼肉の食べ放題へ行って一番高いコースを食べるぞ!」と約束していたので、帰りは東静岡の焼肉屋さんへGO!
里緒はタン塩と、サーモンのお寿司、フライドポテト、アイスに綿菓子という好きなものフルコースを堪能し御満悦でした。



試合をした里緒はもちろん、私も昨日は本当に疲れました。もう午前中の型の試合が終わってからは、もうソワソワ・心臓バコバコで一時たりとも気持ちの休まる時間がなく、さほど広くない会場をあっちへウロウロこっちへウロウロ。
はたから見たら、さぞかし落ち着きのない変なオッサンだと思われたことでしょう。
子供の頃やっていた柔道の試合で、私は緊張などしたことはなかったのですが、娘の空手試合となるとダメですね。もう本当に心臓に悪いこと山の如しです。

 そんなワケで、里緒も家族も正月休みを挟んで、しばらくの間は空手のことはクールダウンしてノンビリ過ごしたい・・・ところですが、よく考えたら仕事がクソ忙しいという現実に引き戻され、涙がホロリ。世の中厳しいです、ハイ。






11日の日曜日に里緒の空手の試合があって山梨まで行ってきました。残念ながら今回は準優勝でしたが、前回は運が良すぎただけなので、これが今の本当の実力ということでしょう。
ただ、勝ち続けることより、負けて勉強すること得ることの方が多いような気もします。今回は10月の大会に向けての宿題をもらったと思って、里緒には稽古を頑張るように話をしようと思います。


一回戦


二回戦


三回戦