特濃 オヤジの素

♪飲ませてください もぉ少しィ~♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜みなとみらいのランドマークタワーで撮影。なんとかは高いところが好きだという・・・・正解!!!
DVC00010.jpg
 



 この間の週末。久しぶりに連休が取れたので、ETCの付いてないR2で嫁と横浜へ出掛けた。
朝8時過ぎに清水の自宅を出発。東名高速を横浜町田インターで下り、まずは新横浜のラーメン博物館へ。開場(10時30分)したばかりなので中は思っていたより空いていた。
昔は出来るだけいろんなラーメンを食べる為に、もったいないとは思いつつもスープは残してお店をハシゴしたもんだ。しかし、困ったことに、今回は各店舗に小ラーメンっていうものが用意してあって、それを3店舗3種類食べてしまった。もういい年なんだからと約10秒だけ反省。もう当分ラーメンは食べたくない。


一杯目。『井出商店』の和歌山ラーメン。こってりで美味し。
DVC00041.jpg


二杯目。『こむらさき』の熊本ラーメン。見た目からは想像できないが、案外あっさりしている。
DVC00040.jpg


三杯目。佐野実氏の『支那そばや』。あまり期待していなかったが、美味かった。
DVC00039.jpg



 その後、予約をしてあった宿泊先のブリーズベイホテルにチェックイン。軽く昼寝をする。
夕方、中華街でお土産を物色しつつ、食べ放題のお店でオーダーバイキングを堪能。下を向いたらリバースしそうなくらい食べまくる。



DVC00027.jpg

DVC00028.jpg


ホテルに帰り、最上階にあるバーでシメの一杯。よしゃあいいのに嫁さんが酒以外にチーズとクラッカーのセットみたいなのを注文し、あえなく撃沈・・・(*_*)。




 翌日も似たようなもんで、なんだかせっかくの休みなのに、すっかり食べ疲れしてしまった。なんだか最近いつもこんな感じです、ハイ。

にもかかわらず・・・帰りの車の中で、ふともらした嫁の一言が凄かった。




「帰りに山岡家へ寄っても大丈夫だよ。」



「だ~か~らぁ~、

    動物性タンパク質っていうのはね・・・」





もういい、面倒だ。(-_-#)




スポンサーサイト
ビリケンさんが街のあちこちに・・・つうか、ただの商売道具のような気がする。
20081018145439.jpg


前回予告をさせてもらった通り、新世界のアレコレを書かせてもらおうと思う。


 新世界が大変に異常な街に感じたと書いたのだけれど、その印象は駅を出た瞬間から即、我輩の脳みそに深く刻まれることとなった。
 大阪の環状線、すなわち、東京で言う山手線にあたる電車を新今宮って駅で降りる。
ここから新世界の街に出ていくためには、普通は新世界に近い、『東改札口』から外に出るんだろけど、我々は降りた車両の位置の関係で、間違えて『西改札口』から出ることになった。

 まるで人気の感じられない、ビルの非常口みたいな階段をスタスタと下り、色気の欠片もない地下道をトコトコ歩き、「確か新世界はここから線路沿いに右手に歩くんだよなぁ。」と、予めインプットしておいた脳内ナビを駆使し、かの地に向かおうとしたのだが、そこで我々が目にしたのは、“家のない自由人”のオジさんが自作したと思われる“エンジョイDIY”系のお宅がズラっと並んでいる異様な光景であった。それらの家を別の言葉で表現すると、三匹の小豚の、藁の家にちょっと毛が生えた程度の長屋っていうか・・・


20081018133519.jpg


何の哺乳類のものなのか、ウ●コが道路の真ん中数箇所に鎮座ましまし、ゴミは路上に散乱し、そのゴミに何を求めてか、一心不乱に漁さっている“色黒”な自由人。



「何ここ、怖い!!!」


マジでヒビり、ドン引きする嫁さん。


 どうにか大通りに出て、適当~に路地を抜けると、テレビや雑誌で見たことのある新世界の景色が目の前に広がってきた。ここに至って、やっと嫁さんは精気を取り戻したので、気持ちをリセットして観光をスタート。

sinsekai.jpg

20081018152706.jpg


 でもさ、なんでこの街ってこんなにも飲食店ばっかりなの?詳しく調べたワケじゃあないけど、見た目8~9割は外食の店って感じ。これまたイメージだけど、そのうち7割は串カツの店。あとはホルモン焼きとか、フグとか、たこ焼き、お好み焼きとか、とまぁそんな感じ。
 加えて、それらの店構えに共通して見られる、この自己主張の強さはいったいなんなんだろう。
まぁそれって新世界に限った話ではなく、大阪の繁華街全般に言えることなんだけど、静岡なんて地味な地方都市に住んでいると、その派手さがなんだかとても目にピリピリとくる。そういえばこんな作業着屋さんもあったな。


20081018135921.jpg

 一応、事前に嫁さんとこのエリアで名物の串カツを食べようって話をしていたので、予め調べてあった店にイン・・・・のハズだったのだが、実は混んでいたので30分ほど路上で待つことになった。お目当ての串カツのお店はジャンジャン横丁の一番端にある、『だるま』さん。詳しくは以下のURLをクリックしたまえ。

http://www.shinsekai.ne.jp/general_map.html

 よく考えてみると、我輩、今まであまり串カツというものを積極的に食べるということがなかった。少なくとも静岡という土地にあっては、串カツってのは完全に脇役・・・にもならない、学芸会の木とか石、頑張って通行人とかそのくらいの存在感しか感じていなかった。が、今回の旅行を境に考え方がガラっと変わった。


美味かった。


串カツはもちろん、合間につまんだ『どて焼き』も大変に美味。嫁さんは大変に喜んでいた。とりわけソースの味がお気に入りらしく、無料のキャベツにつけてひたすらバリバリとかじっている。。この店で長居をしてもよかったのだけれど、どうせなら違う店をハシゴしようってことになって、その辺りをフラフラしたんだけど、あったよ、いろいろと変な店が。以下にその写真を貼り付けようと思う。



さすがに坂田三吉の地元。将棋屋(?)さんが少なくとも二軒はあった。
20081018144209.jpg



あと、雀荘もなぜだか多数ある。
20081018144421.jpg



見えるかな、調髪が800円ヨリとある。いったいどんな頭に仕上がるのだろうか。
20081018140733.jpg



立ち食いうどんも安い。
20081018140751.jpg



路上で売ってる服(古着か?)も激安。
20081018144558.jpg



ガード下では蚤の市みたいなことをやっているし。
20081018144506.jpg


とにかく全般的に物価が非常に安い。
20081018143959.jpg


自由人の方々が集まるのもそうした理由からだろうか。さて、だいぶ長くなってしまったんで、ここらで我輩が見た新世界を総括して終わりにしたいと思う。


新世界・・・そこは我輩の“ホームタウン”である浅草に比べて物価は半分。そして非日常感を10倍濃縮したような街であった。一八アニさんだったらきっと気に入るだろうなぁ。それにしても・・・・



一日であんなにたくさんのホームレスの人達を見たのは初めてだ。















このYouTubeは笑える。
 
 
 18(土)・19(日)の両日。嫁の希望で大阪へ旅行に出掛けた。今回の旅の一番の目的は、なんといってもUSJ。我輩は過去に二度行ったことがあるんだけど、開園から10年近く経つというのに、嫁はまだ行ったことがないらしい。つうか、どうやら大阪自体行ったことがない模様。
 でまぁ、USJの方は19日の日曜日に行くこととして、着いたその日、すなわち18日をどう過ごそうかと思案した挙句、『新世界』へ行くことにした。






何故新世界なのか。理由は簡単で、我輩が



行ったことがないからである。



あとはなんとなくイメージ的に浅草に近いものを感じていたから。まっそんなとこ。


 初めて行った『新世界』。たいした期待もせず、単なるホテルにチェックインするまでの時間潰しくらいに考えていたかの地は、我輩の想像を軽くブッチぎる、とんでもなく変な街であった。地元の人にはまったくもって失礼な話だとは思うのだけれど。

 USJ・・・それはそれで面白かった。新しいアトラクションにもいくつか乗れて、とてもいい気分転換になった。ただ、楽しめたというのは、あくまでも想定の範囲内での話であって、前日、新世界の印象があまりに強烈で、嫁にいたっては



「新世界の方が面白かった。」



などと言う始末であった。で、どこがどう変だったのか、例によって写真を撮りまくって来たので、次回はそのことを、映像を交えて詳しく説明したいと思う。つうことで、今回はここまでにさせていただきとうございます。それじゃあ皆さん、グン・ナ~イ!













 『からまつ楽団』さんのライブが三鷹で開催された8日。
ハナから静岡に帰ることを諦めていた我輩は、新宿のスーパー・ショボいカプセルホテルに一泊した。
 翌朝、ホテルをチェックアウトした我輩は、祭りの後といった趣きの歌舞伎町をプラプラと歩いてみたのだが・・・。
以下の写真はその時に見つけた、いろんな意味で興味深い看板である。



なにがなんだか・・・・
070709_0909~01.jpg



マジで行ってみたい。キラーカーン氏のお店。
070709_0912~01.jpg



よく見るとジョニー大倉氏の写真が・・・詳しくはココ↓をクリック!
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000638020.html
070709_0916~01_0001.jpg




 この三枚の写真って、たかだか5分くらいの間に全部を撮影したんだよね。
 
 一頃に比べたら元気がないとかって話もあるけど、静岡に住んでる人間から見れば、歌舞伎町って、今でも充分に面白いっていうか、とんでもなく濃ゆい街だね。















 都合5回に渡って北海道旅行のことを書いたんだけど、使ってない写真がまだ少し残ってるんで、解説を加えつつ、以下にそれらを貼り付けようと思う。



イケるね、『ガキ大将』Tシャツ。
070610_1043~02.jpg


旭山動物園で撮影。ある意味、目の前の動物より面白かったので、ついつい盗撮。ちょっと欲しくなった。



旭川の市街
070610_0838~04.jpg

緑が多く、整然と区画された街中は、大変に美しく魅力的であった。ただ、冬場の事を考えると、虚弱体質の我輩では、「とても住めねぇなぁ。」とも思った。



十勝千年牧場のヤギ
070609_1149~02.jpg

そんなにアップで撮ってどうする。それだけ。



旭川動物園のペンギン
070610_0955~02_0001.jpg

ペンギンって、動きが可愛らしく、見ていて飽きない。黄色の足がまるで長靴を履いているようでベリーキュート。



阿寒湖の屋形船
070608_1825~01.jpg

我輩、和風のものって凄く好きだ。だけど、この船はちょっといただけないと思う。周りの風景にまるっきり合っていない。つうかせっかくの景色が台無し。屋形船に乗りたかったら、内地の大川(隅田川)あたりで乗ればよい。酒飲んでドンチャンやれるし。それともこれって外国人の観光客用なのかね。


以上。


今回をもって、北海道関係の投稿は一応“おしまい”ってことにしたい。ながらくお付き合いいただきありがとやんした。




















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。